back to top

豪雨被災地で災害時無料Wi-Fiを開放 誰でも使えるその方法は?

「00000JAPAN」は広島県や岡山県で順次開放されるという。

西日本で拡大している豪雨災害を受け、大手携帯キャリアが7月7日、大きな被害を受けている広島県と岡山県で公衆無線LAN「00000JAPAN」の無料開放を始めた。

両県全域で、auは午後4時から「au Wi-Fi SPOT」を、ソフトバンクは「ソフトバンクWi-Fiスポット」を順次、NTTドコモは「docomo Wi-Fi」を順次開放していくという。

BuzzFeed

契約する通信会社によらず、誰でもインターネットに接続することができるのが特徴だ。

ユーザーはコンビニなどのWi-Fiスポットで自身の端末のWi-Fiを起動し、SSID「00000JAPAN」に接続するだけでいい。

大規模災害のたびに開放される統一ネットワークで、2016年4月14日に発生した熊本地震から運用が始まった。直近では大阪北部地震を受け、携帯キャリアなどが府全域で提供していた。

大手通信会社などが加盟する「無線LANビジネス推進連絡会」は、「被災地の皆様におかれましては、安否連絡等にご活用ください」という。

無料開放のため、セキュリティ面では安全とは言えない。auも自社サイトで「個人情報やお金の話題には気を付けて」と呼びかけている。

UPDATE

一部誤字を修正しました。



Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.