7歳の男の子が“海のゴミ“をメルカリで1000円に変えた話

    自分でお金を稼ぐって楽しい!

    小学1年生、仲宗根叶大くん7歳。“海のゴミ”が売れるという大発見をしました!

    仲宗根叶大(なかそね・かなた)くん(7歳) 学校から帰ってきたら決まって「ただいま!(メルカリで)売れた?」と尋ねる。

    叶大くんは5歳の時に、初めてフリーマケットで物を売る体験をしました。

    さらにスマホのフリマアプリ「メルカリ」でも仮面ライダーグッズなどを販売し、その楽しみに目覚めていきました。

    そんな叶大くんがメルカリのファンイベントで発表した「物を売るためのアイデア」を紹介します。なんとこれ自由研究だそうです。

    漁師のおじさんが“あるもの”が高く売れると教えてくれた。

    「きっかけ:香川の手島(てしま)の漁師さんがシーグラスが高く売れることを教えてくれた」

    漁師さんと話す叶大くんの姿を、お母さんが遠目に見ていたときのこと。

    叶大くんが興奮しながら走ってきて、「シーグラスっていうのが高く売れるらしい!」とメルカリで調べ始めました。

    これがきっかけで、海岸に落ちていた「シーグラス」を売ってみることに!

    「シーグラス」って何?

    「シーグラスとは海に捨てられた瓶のかけらです。波や岩に削られて丸くきれいになります」

    拡大するとこんな感じ。

    海で落ちてるの見かけたことある。いろいろな色と形があるね。

    まずは目標を立ててみる。

    「目標は3000円、予想は2500円。シーグラスは売れなさそう」

    シーグラスが売れるかどうかは、半信半疑。だって、海に落ちてる“ゴミ”だよ。

    売れてるものを調べてみた!

    売れているのは「みせ方キレイ」「かわってる」「まるい」「めずらしい」ものだったよ。

    一番高く売れるのはアクセサリー。

    高いものは1700円で売れてるみたい。

    1000円で売ってみた!

    「後ろから光を当てたり、写真を工夫して、メルカリで売ってみた」

    キレイにできたから、指輪とイヤリングがセットで1000円くらいなら売れるかなって思ったんだって!

    【朗報】1000円で売れました!

    「結果:1000円で売れた。まとめ:売れて嬉しかった。ゴミでも考えたら売れる」

    海もキレイになるし、一石二鳥

    「シーグラス」は、5時間かけて拾いました。

    使い古しのおもちゃはすぐ底をつきます。

    売るものがなくなりかけていた叶大くんにとっては「ただで集められるものが売れる」というのは大きな発見でした。

    売れなさそうと思った「シーグラス」が売れたときは「気持ちよかった」そうです。

    売り上げ金は、おもちゃを買うのに使うか貯金をするのに使います。

    何歳でもアイディア次第でお金は稼げるんだね。本当にすごいや!

    UPDATE

    当初「豊島」としていたのを「手島」に訂正しました。