Posted on 2016年9月16日

    「ライブができる場所が減っている」ポールとリンゴ、英で相次ぐクラブ閉店に危機感

    「何ができるんだろう?」

    by ,

    9月7日、ロンドンの有名クラブ「ファブリック」が閉店した。

    Carl Court / Getty Images

    ファブリックの営業許可は、今夏ドラッグに関連して2人の男性が亡くなった後、取り消された

    ロンドンのサディク・カーン市長はファブリックは営業許可が取り消されたことに対し、こう話した。「ここ8年間、ロンドンは全ナイトクラブの半数と、ライブスペースの4割を失ってきた。ロンドンがナイトライフを世界に誇れる都市であり続けるためには、この動きを止めないといけない」

    ロンドンだけではなく、イギリス国内の他のナイトクラブも似たような許可取り消しの影響を受けている。

    そんな中、元ビートルズのポールとリンゴもこの状況を悲しんでいる。

    MPL Communications/Charlie Gray

    BuzzFeedは、ドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」(日本公開9月22日)に合わせ、ポールとリンゴに、アビー・ロード・スタジオでインタビューした。

    ビートルズも、活動初期には英リヴァプールにあるナイトクラブ「キャヴァーン・クラブ」で演奏していた。

    Phil Noble / Reuters

    「昔よりも、ライブができる場所が減っている。新しいバンドには、演奏する場所が必要なんだ。閉店が続くというのは、本当に残念なことだ」とリンゴはBuzzFeedに話した。

    Facebook: video.php

    リンゴはこう続ける。「有名なバンドが出演するときに、新しいバンドが一緒に出ることがある。けれど、こういう時、新しいバンドは有名なバンドにお金を払わなくてはならないんだ。信じられるか?信じられないよなあ」

    ポールもこう付け加えた。「信じられないよな。有名なバンドを、新しいバンドがサポートしなくてはならないなんてね」

    「閉店が相次いでいる。何ができるんだろう?」

    BuzzFeed