韓国選手の頭に日本選手が投げた球が直撃。しかし、その後の行動が世界から絶賛された。

    野球の18歳以下の世界一を決めるU18W杯(ワールドカップ)の試合で起きたできごとだった。

    野球の18歳以下の世界一を決めるU18W杯(ワールドカップ)に出場している日本代表は9月6日、強豪の韓国と対戦。日本はタイブレークの末、敗れた。

    その試合で、7回からマウンドに上がった宮城大弥投手(3年=興南)が、相手打者にデッドボールをした際、韓国選手が返した行動によって世界から絶賛されている。

    WBSC / Via Twitter: @WBSC

    ワールドカップは、韓国・釜山近郊の機張(キジャン)で開かれている。

    宮城選手は6回までレフトを守っていたが、7回からリリーフ投手として登板した。

    WBSC / Via Twitter: @WBSC

    同点で迎えた9回、打席に立った韓国のイ・ジュヒョン選手相手への投球が逸れ、ヘルメットにボールが当たるデッドボールとなった。あわや怪我という球だった。

    1塁に進んだジュヒョン選手に対して、宮城投手は被っていた帽子を取り、頭を下げた。

    すると、ジュヒョン選手はそれに気づき、お辞儀を返しながら、帽子をとった。

    WBSC / Via Twitter: @WBSC

    この両プレイヤーの行動が絶賛されている。

    世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の公式Twitterは、そのシーンを「Respect(敬意)」と一言で伝えた

    WBSC / Via Twitter: @WBSC

    この投稿には、世界各国のユーザーが「我々は一つ」「これが本当のスポーツマンシップだ」などとコメントが寄せられている。

    また、日韓関係が悪化する中での「希望となる」とのコメントもある。

    WBSC / Via Twitter: @WBSC

    2勝1敗でこの試合を迎えていた日本は、1勝2敗の韓国に4-5でサヨナラ負け。自力での決勝進出がなくなった。

    バズフィード・ジャパン ニュース記者

    Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here