• metoojp badge

「虚偽」と訴えられていた伊藤詩織さん、不起訴。性被害をめぐり、その思いは【独自インタビュー】

不起訴処分となったジャーナリストの伊藤詩織さんに話を聞いた。

元TBS記者の山口敬之さんが、虚偽告訴と名誉毀損の疑いでジャーナリストの伊藤詩織さんを刑事告訴したことについて、警視庁の書類送検を受けていた東京地検は12月25日、伊藤さんを不起訴処分とした。関係者が明らかにした。

不起訴とは、刑事裁判を起こして伊藤さんを罪に問うことはしない、と地検が判断したということを意味する。

伊藤さんはBuzzFeed Newsの取材に「起訴されなくて良かったけれど、すごく疑問に思った」と複雑な心境を吐露した。

Takashi Aoyama / Getty Images

この件をめぐっては、山口さんが10月、伊藤さんが書類送検された事実をFacebook上で明らかにして注目された。

告訴状を提出した理由について山口さんは、伊藤さんが「虚偽の犯罪被害を捏造して警察や裁判所に訴え出た」うえ、「デートレイプドラッグを盛られた」などと繰り返し発信し、「名誉を著しく毀損し続けているから」と主張していた。

関係者によると、山口さんは2019年4月、警視庁に告訴状を届け、同年5月に受理されたという。

伊藤さんは不起訴という東京地検の判断について、こう語った。

「今回の不起訴はすごく安心しました。けれど、警察側が告訴を受理したら書類送検される点は、形式上、当たり前だとわかっていても、性被害を受けた当事者としてものすごく恐ろしいと思いました。これからアクションを起こす人に、どれくらい影響が出るんだろうと」

刑事訴訟法では、警察は告訴や告発を受けた場合、これに関係する書類などを速やかに検察に送付することが義務づけられている。これがメディアの報道では、一般的に「書類送検」と呼ばれている。

つまり、書類送検は告訴事件で必ず行われる手続きの一つであり、実際に警察が「容疑が固まった」と判断したことを意味するものではない。

そして書類を受け取った東京地検は今回、伊藤さんを起訴しない=刑事裁判にかけない、と判断したということだ。

不起訴の理由を「具体的に知りたい」

Kensuke Seya / BuzzFeed

書類送検の事実がネット上で広がったのは、伊藤さんが米誌「タイム」による毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」に初めて選出された矢先だった。

「私は私でいい。伊藤詩織として生きていい。サバイバーとして生きていていい、と一歩を踏み出した直後だったから、強いショックを受けました」

「さらに、書類送検されたという事実が一人歩きし、それを助長する一部のメディアの記事の見出しがありました。事実とはいえど、その記事にはすごく傷つきました。山口氏の投稿をそのままコピペして意見を求めてきたメディアもあり、体調を崩しました。相手からの言葉を聞くことがどれほど当事者にダメージを与えるのか想像してほしい、と考えるところがありました」

「そして、いくら時間が経っても相手側の言葉を聞いただけで体調を崩す自分にも、前向きに歩いていた矢先だったので言葉にできない残念な気持ちがありました」

情報を受け取る人に願うのは

AFP=時事

書類送検で、「伊藤さんは有罪だ」という印象を持った人々によるSNS発信や拡散が起きた。伊藤さんが警察や検察に情報の開示を求める理由の一つだ。

何が証拠として扱われ、どんな議論があり、なぜ不起訴処分となったのか、具体的な説明が、情報の受け手にも届く必要があるのではないか、と考えている。

「情報を受け取る人は、不起訴になった理由や背景などを、少ない事実を元にしか想像できません。そして、情報が少ないからこそ、誹謗中傷を駆り立ててしまう要因の一つになりかねないと思うからです」

「だから、検察は、メディアに不起訴処分などの事実を発表することによる影響を考えてほしいです。そうした当局の不透明さが改善されれば、受け手はその事案を立体的に把握でき、自分事として考えられるようになると思っています」

「情報の受け手の方には、今回の件をきっかけに告訴や書類送検、起訴、不起訴とは何か疑問視し、そのシステムについて考えてほしいです。法律がどういうふうに使われてるのか、言葉と情報がどれほど影響力を持つかにも目を向けてほしいです」

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here