• factcheckjp badge

大阪で地震、熊本市長が経験生かしツイート 狙いはデマの拡散防ぐため

熊本地震直後、デマがツイッターにあふれた。

6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で最大震度6弱の地震があったのを受け、熊本市の大西一史市長がTwitterを更新した。

熊本地震直後にデマがあふれ、現場が混乱したことから、今回の地震でも注意して情報を確認してほしいと呼びかけた。

Twitter / Via Twitter: @K_Onishi

2016年。最大震度7を観測する地震が熊本を襲った。

さまざまな情報が飛び交うのは、現場だけでなく、Twitterも同じだった。問題だったのは、正しい情報の中に、悪質なデマが紛れていたことだった。

たとえば「熊本市の動植物園からライオンが脱走した」というデマツイートは、当時、大きく拡散した。

投稿を知った大西市長は、公式情報を信じてほしいとツイートした。

熊本市から発表する震災関連の情報は、熊本市HPの情報が公式なものです。 https://t.co/EKv2YmY3Dr これ以外の発表は熊本市からの発表ではありませんのでご注意下さい。

情報発信を続けた市長の思い

Kota Hatachi / BuzzFeed

2016年10月、BuzzFeed Newsの取材に大西市長は当時の思いを語っている。

「地震などの災害時にはデマが広まりやすい。いちいちそれぞれに対応するのではなく、『熊本市として公式な、正確な情報はここに載っていますよ』と呼びかけることが目的でした」

もともとTwitterを活用していた大西市長。震災当日から連日、水道の漏水状況などのライフライン情報、ボランティアの募集情報などの行政情報を投稿した。

時事通信

地震で陥没した道路=18日午後、大阪府高槻市

なぜTwitterを選び、首長自ら正しい情報を発信しようとしたのか。

「一人でも多くの人に正確な情報を伝えるためにどういうやり方があるかと考えた結果です。一人ひとりがスマホやパソコンで情報を入手される時代になったなかで、ツイッターは非常に拡散力がある」

「匿名のSNSでは、正しい情報とそうではない情報が交錯します。そこで行政のトップが責任ある発言するのは大切なことだと考えています」

慎重な判断をしたい

時事通信

地下鉄の運行再開を待って御堂筋線梅田駅前に並ぶ人たち=18日午前9時45分

今回の投稿の「未確認の情報をむやみにリツイートせず、情報の真偽を確かめてから責任をもってツイートして下さい」の言葉には、かつての苦労がにじむ。

のちに「熊本の動物園からライオンが逃げた」とのデマ投稿者は、偽計業務妨害の疑いで熊本県警に逮捕された。その後、不起訴処分(起訴猶予)となった。

また、今回の大阪の地震直後にもTwitterで、「京阪電車が脱線した」とソース不明の未確認情報が広まった。

軽い気持ちで間違った情報をツイートしない、そして、早くみんなに伝えてあげたい、と思っても、正しいかどうかの判断を慎重にしてからリツイートしたい。

誰よりも正しい情報を求めている場所は被災地であり、間違った情報もネットを通じて現地に届いている。

BuzzFeed Newsでは、大西市長の思いを詳報した"熊本地震でツイッター発信を続けた市長 その目的は災害時の「デマ潰し」だった"という記事を配信しています。