go to content

Netflixと歴史ドラマ共同制作? NHKは報道の「一部誤り」を指摘するが……

ドラマ「東京裁判」の制作費を両者で分担?

NHKは12月、東京裁判を題材にしたドラマを4夜連続で放送する。その後、配信権を得たアメリカの動画配信大手「Netflix (ネットフリックス) 」が、世界20言語でインターネット配信をする。

ネット上では、記事について「誤りがあるのでは」と噂されていた。

「NHKと米Netflixが歴史ドラマの共同製作を進めていることが16日、わかった」との一文から始まった記事だった。世界に向けたネット配信について詳細に書き、配信による民放を含めたテレビ業界の今後にも触れている。

本当に記事に誤りはあるのか。BuzzFeed Newsは、NHKとNetflixに問い合わせた。

Mike Blake / Reuters

Netflixの広報担当者は、こう回答した。

「ドラマが配信されるのは、間違っていません。しかし、詳しい回答はNHKに委ねます」

一方、NHKの広報担当者は、電話で「一部に誤りがある」と指摘した。

指摘したのは、2点だった。「共同制作をしたか」「制作費を分担しているか」だ。

では、日経ビジネスオンラインは、この2点をどう報じたのか。

まずは、共同制作に関してはこうだ。

AFP=時事

見出しの「NHKとNetflix、共同製作ドラマを公開」をはじめとし、

「歴史ドラマの共同製作を進めていることが16日、わかった」

「両者が製作するのは歴史ドラマで」

「番組製作ではNHKとネットフリックス側の双方がスタッフを出している」

と書いており、たしかに"共同制作"をしたように捉えられる。

ところが、こうも書いている。

「NHKがネットTV事業者と直接提携することは、現行の放送法に抵触する可能性がある。そこで今回、NHKはネットフリックスと提携するカナダのDon Carmody Televisionと、オランダのFATTという番組製作会社2社と共同製作契約を結ぶ形をとった」

それに対して、NHKからFAXで届いた回答にはこうあった。

「NHKは今回、Netflixと共同制作するわけではなく、両者の間に契約は存在しません」

「NHKと共同制作するのは、あくまでオランダとカナダのプロダクションであり、Netflixがカナダのプロダクションに配信権を得たいと申し出たため、配信することになったものです」

つまり、Netflixとは直接、提携しておらず、カナダの制作会社との提携を承認しただけだと主張している。

番組制作費については、記事でこう書かれている。

BuzzFeed

「番組制作費はNHKとネットフリックス側とで分担した」

「NHKとのタッグでは、両者で製作費を分担」

それに対し、NHKはこう反論する。

「両者で制作費を分担しているとの事実もありません」

Netflixはカナダの制作会社に「数億円を拠出することにした」と朝日新聞が報じているが、ドラマの制作費にこの金が含まれているかはわからない。

いずれにせよ、NHKとNetflixだけで制作費を「分担」したわけではないようだ。

ドラマ「東京裁判〜人は戦争を裁けるか〜」は、NHKスペシャルとして12月12日から。

AFP=時事

1946年に開廷し、日本の戦争指導者らを裁いた東京裁判から、今年で70年だ。

そんな年に見られるドラマの内容はこうだ。

世界各地の公文書館や関係者に取材をしたNHKが、裁判に関わった11人の判事たちの手記や証言を入手。そこから描いた「人は戦争を裁くことができるか、という厳しい問いに向き合った男たちが繰り広げる、緊迫感あふれるヒューマンドラマ」だ。

ドラマは総合テレビで、12日から4日連続で放送される。いずれも午後10時25分から。テレビで国内放送をした後、まもなくNetflixが海外に向けてネットで動画配信する。ただし、Netflixによる国内配信は来年1月以降で、その前にNHKオンデマンドで動画が配信される。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.