韓国おそるべし。世の中にこんなおいしい料理あったんだ。

    「チューチュー吸うと、身が出てきて。タレは辛いんだけど、この身が甘くてたまらないの」

    by ,

    「生のワタリガニをね、辛いタレに漬け込んで熟成させるらしいの」

    先日、友人がふと話し始めた。

    「チューチュー吸うと、カニの身が出てきて。タレは辛いんだけど、この身が甘くてたまらなくて、めちゃくちゃおいしかったのよ!」

    それは初めて存在を知った韓国の料理だった。

    話半分に聞いていたものの、翌日、韓国料理の総菜屋を東京都内で見つけ、思わず立ち寄った。そして見つけた、おいしすぎる料理を。

    その名は「ヤンニョムケジャン」。韓国好きなら「知ってて当たり前」の料理らしい。もうお世辞抜きでうまい。

    Kensuke Seya / BuzzFeed

    BuzzFeedの韓国人女性ライターいわく、「日本に来る外国人に、『あんこう鍋っていうおいしい料理食べな』っておすすめするレベルで韓国では定番だよー!」とのこと。

    あんこう鍋と比較するなんて、通好みの料理だ。

    我慢しきれず同僚に話すと、ヤンニョムケジャンが食べられる店にランチで行くことに。かなり高いのだが、やっぱり絶品だ。

    Kensuke Seya / BuzzFeed

    ワタリガニを醤油ダレに漬け込んだ「カンジャンケジャン」というのもあるようで、これもまた美味。現地では「ご飯泥棒(パプトドゥッ)」との異名を持つそう。

    Kensuke Seya / BuzzFeed

    オレンジ色の卵と、カニみそがご飯とマッチして、まあご飯が進むこと。ヤンニョムケジャンを味わいつつ、4杯もご飯をおかわりしてしまった。

    narumi / BuzzFeed

    ※こちらは違うお店のカンジャンケジャン。

    両方を食べ比べ、私はやっぱり「ヤンニョムケジャン」派だった。「カニが食べたい」なんて贅沢は言わない。まとわりついたタレだけで良い。それほどおいしい。

    Catherine JiHye Go / BuzzFeed

    最近食べて感動をおぼえた中では、牡蠣や白子などをふんだんに使って贅を尽くした料理「痛風鍋」に匹敵するほど。仙台のお店が発祥のようで真似して作ってみたが、これもおいしくておすすめ。

    Kensuke Seya / BuzzFeed

    本来はタラの白子とあん肝を入れるのだが、スーパーに売ってなく、鮭の白子とタラの身などを代わりに入れて煮立たせた。一夜寝かせて雑炊にすると、さらに悶絶するほどだった。

    Kensuke Seya / BuzzFeed

    韓国も日本もおいしいものに溢れている。そう改めて思い知った数日前のお話でした。