羽生が金メダル、66年ぶりの連覇達成 伝説のフィギュアスケーターも祝福

    66年前に連覇を成し遂げたディック・バトン氏からのメッセージ。

    平昌オリンピックのフィギュアスケート男子で2月17日、羽生結弦選手が66年ぶりの2連覇を果たした。

    ショートプログラム(SP)で首位に立ち、フリーでも圧巻の演技で優勝した。

    その偉業を讃え、66年前に五輪連覇を達成したディック・バトン氏がTwitterで「ブラボー羽生」と祝福した。

    Jamie Squire / Getty Images

    SPのあった16日。羽生選手は全てのジャンプをミスなくこなし、世界最高得点で自己ベストに迫る111.68点をマークした。

    バトン氏は、「音楽の選択がグレート。美しいエッジワークだ」「美しいプログラム、美しい振り付け。雨のようにテディベアが降り注いでいる」とツイート。

    Hulton Archive / Getty Images

    △ディック・バトン氏

    そして、翌日の17日、フリーを迎えた。羽生選手の演技中、バトン氏は「きらびやかだ...」「すごい演技だ」などと絶賛。

    時事通信

    続いてSP2位のハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)と、最後の滑走となった同3位の宇野昌磨選手が演技を終え、羽生選手の金メダルと連覇が決まった。

    宇野選手は銀メダルとなった。

    SPと合わせて317.85点で他を圧倒する得点。連覇と知った羽生選手は涙を流した。

    バトン氏は「ブラボー羽生。記録は並ばれるためのものだよ」と祝福。自らの偉業に並んだ羽生選手を讃えた。

    BuzzFeed JapanNews


    バズフィード・ジャパン ニュース記者

    Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here