• lgbtjapan badge

一目惚れした女性同士のカップルの恋、「この人なら大丈夫」と確信した会話

最高の1日だったことはわかる。

ジェニー、あなたは毎日私に素敵な言葉を贈ってくれるよね。「愛している」「美しい」「完璧だ」

その全てをこれからは私からも贈り続けさせて下さい。

ずっと、ずっと。だから「ずっと一緒にいて下さい」の答えはもちろんイエスです。

2020年、なるみさん(27歳)が、パートナーのジェニーさん(28歳)に送った「誓いの言葉」だ。

2人は、女性同士のカップル。「私たちが式をすることで、誰かの勇気になれたら」と、ウエディングドレスを身にまとった。

IWAI OMOTESANDO / CRAZY

出会いは2020年1月。女性限定で登録できるマッチングアプリだった。

アプリの画面に映るなるみさんの顔を見て「一目惚れしました」と、ジェニーさんは照れながら振り返る。

マッチングしてから1週間のやりとりを経て、会うことにした。

なるみさんは、自身が開いた香水を調合するワークショップに誘ったのだ。ジェニーさんのために、1人だけの予約枠を最後の時間帯に設けた。

待ち合わせの時間になり、ジェニーさんは会場に着くと、扉越しになるみさんの顔を見た。

「なるちゃんが笑顔で手を振って近づいてきてくれて、やっぱりかわいいと思いました」

この人なら大丈夫。確信した会話

Kensuke Seya / BuzzFeed

かわいくて、しっかりしていて、知的そう。2人がアプリのプロフィール欄を見て感じた第一印象の共通点だ。

文章でやり取りを交わしていた時、不思議と自然体でいられた。

ただ初対面の時、少しだけ変化があった。ジェニーさんが恥ずかしそうにし、なかなか目線を合わせなかったそうだ。

ジェニーさんは「きれいすぎると思ったからですよ」とのろける。

Kensuke Seya / BuzzFeed

ジェニーさん

なるみさんはその日に感じ取ったことがあった。

「食事をしている時は、さっきのシャイガールはどこいったってくらい話してくれて。この人とはずっと一緒にいるだろうな、と直感で思いました」

意気投合した2人は、2回目のデートで深い話もじっくりした。

日本では同性同士の結婚がまだ認められていないけれど、どう考えているのか。子どもについてはどうか…。

それぞれの考え方を知り、「問題ないなと思いました」と見つめ合って笑う。

この人なら大丈夫。ともに確信した。

Kensuke Seya / BuzzFeed

なるみさん

深い話を終えた後、ジェニーさんが告白したそうにしているのが伝わった。なるみさんは「すごいもじもじしてたんですよ」と懐かしむ。

でも、なかなか告白の言葉を聞けなかった。

帰る時間が近づき、電車に乗った。そして、別れる予定だった乗り換えのホームでその瞬間は訪れた。

2人はぎゅっとハグをした後、なるみさんが「頑張れ」と投げかけた。その言葉を受けると、ジェニーさんが勇気を振り絞って 「付き合ってください」と申し出た。

「お願いします」

悩んだ挙式、「どうやったらできるかを考えて」

Kensuke Seya / BuzzFeed

それから週末になると、なるみさんの自宅でおうちデートをする日々を送った。

コロナ禍で電車を利用しなくてもいいようにと、ジェニーさんの父親が毎回送り迎えをしてくれた。2人の交際を最初から全面的にサポートしてくれたのだ。

なるみさんは言う。

「ジェニーは私のことを、家族やお友達にもちゃんと紹介してくれました。そして、家族のみんなは、最初から家族の一員として迎えてくれて。嬉しかったです」

どちらの両親にも認められ、応援され、コロナ禍での挙式に向けて準備を進めた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

2人が利用したのは、完全オーダーメイドのオリジナルウエディングブランド「CRAZY WEDDING」を運営するCRAZYのキャンペーンだった。

セクシュアルマイノリティのカップルのサポートにも力を入れるCRAZYは、5組限定で無料で挙式を実施するキャンペーンを打ち出していた。

それを知った2人は、同社の「全ての人が結婚式を挙げられる世の中を作りたい」「一生のパートナーが見つかり、愛を誓い合うことに同性も異性も関係ありません」との思いに感銘を受け、応募した。

Tomohiro Ohsumi / Getty Images

イメージ写真

とはいえ、社会はコロナ禍だ。ジェニーさんは式を挙げられるか不安にもなった。

そんな彼女に、なるみさんは言った。「緊急事態宣言が発令されて、絶対に開催できなくなるまでは、どうやったらできるかを一緒に考えてほしい」

ジェニーさんは「確かに、そうだな」と素直に受け止めた。そして、無事に式を執り行った。

『美女と野獣』の曲に込めた思い

IWAI OMOTESANDO / CRAZY

2020年11月2日。式場には20人が参列した。ジェニーさんの父親は牧師で、司式をしてくれた。司会者はジェニーさんの兄が務めた。

Zoomを利用して、60人ほどがオンラインで出席し、アメリカにいる親族にも式の様子をリアルタイムで届けた。

食事のほか、会場と同じ香りを感じてほしいと香り付きの花びらもリモートで参加した人に郵送するなど工夫した。

IWAI OMOTESANDO / CRAZY

どれだけ会場と一体感が出せるか、おもてなしができるかを考え抜いた式だった。

替え歌やダンスを中心に披露し、どこにいても参加者が楽しめる式を心がけた。

2人がアニメ『美女と野獣』の曲で踊った時には、こんな気持ちを込めた。

美女のように美しい部分も、野獣のように汚くなってしまう部分も、2人ともある。だから、それを一緒に認め合いながら、これからも生きていこう。

Kensuke Seya / BuzzFeed

ほとんど座ることなくあっという間に時が過ぎた。式後は達成感でいっぱいに。

「楽しかった。もう一回、式を挙げる?」と言い合うほど、たくさんの友人に祝われた式となった。

本当の「結婚式」を挙げたい

IWAI OMOTESANDO / CRAZY

とはいえ、2人はまだ式は終わっていないとの気持ちでいる。

日本で同性婚が認められた後、「結婚式」を挙げたいのだ。

今回の式で、その時のために別で用意したドライフラワーのブーケを大切に保管している。時が来たら、もっと多くの人を招待して、盛大にブーケトスをする日を夢見る。

IWAI OMOTESANDO / CRAZY

式を機に、なるみさんはカミングアウトしていなかった友人たちにも、LINEを通してジェニーさんとの関係を報告した。

全員から「おめでとう」と返ってきて、実感した。

「『愛に境界線はいらない』というCRAZYさんの言葉通り、祝福されているカップルに対し、何か境界をつけるような人は1人もいませんでした」

IWAI OMOTESANDO / CRAZY

札幌地裁は2021年3月17日、同性カップルが婚姻による法的効果を得られないことは「違憲」だとする初の判断を下した。同性婚の実現に向けた法整備が必要だと示された形だ。

この判断に、弁護団と支援者らは「結婚の平等へ 大きな一歩」と記したバナーを掲げた。

なるみさんとジェニーさんがブーケトスする日に向かって、日本は少しずつ近づいている。

式の日、ジェニーさんが両親への手紙を歌にした。こんな歌詞がある。

No more pretending my girlfriend is a boy

もう自分の彼女を男の子に置き換えて話さなくていい

And I know I'm shining Just 'cause I can be myself

自分が自分でいるだけで自分がとても輝いているように思えた

Don't know how hard it's gonna be to live open

オープンにして生きることがどれだけ大変かわからないけど

But I know I had the best day with you today

最高の1日だったことはわかるんだ

YouTubeでこの動画を見る

Girls Right TV / Via youtube.com

🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈

LGBTQをはじめとする性的マイノリティの存在を社会に広め、“性”と“生”の多様性を祝福するイベント「東京レインボープライド」。BuzzFeed Japanは2021年4月23日(金)〜5月1日(土)にかけて、性的マイノリティに焦点をあてたコンテンツを集中的に発信する特集を実施します。

特集期間中、Twitterではハッシュタグ「#待ってろ未来の私たち」を使って、同性婚やパートナーシップ制度などのトピックをはじめ、家族のかたちに関する記事や動画コンテンツを発信します。

同性婚の実現を求めて全国のカップルが国を訴えた裁判や、各地でのパートナーシップ制度の広がりなど、少しずつ社会が変わり始めている今だからこそ、「より良い未来に生きる私たち」に向けて、「2021年の私たち」からのメッセージを届けます。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here