back to top

犬と猫に、新たな飼い主は現れるか 殺処分機「ドリームボックス」のボタンを押してはならない

東京五輪までに殺処分ゼロは達成できるのか

犬と猫の殺処分をゼロにすることは、動物愛好家たちの願い。「2020年の東京五輪までに」が合言葉になりつつある。

写真とともに、殺処分の現状を見ていきたい。

2015年度、全国の犬と猫の殺処分数は約8万3000頭。引き取った犬猫のうち殺処分される割合は60.6%。41年前は、殺処分数が約122万頭、殺処分率97.7%だった。右肩下がりだ。

ただ、この数字は、施設への運搬中や収容中に、心臓麻痺などの病気や怪我で自然死した数も含まれているので、本当はこれよりも少ない。
Kensuke Seya / BuzzFeed

ただ、この数字は、施設への運搬中や収容中に、心臓麻痺などの病気や怪我で自然死した数も含まれているので、本当はこれよりも少ない。

殺処分数が減っている理由は、収容頭数が減っていることも大きい。15年度は13万7000頭。なんと、41年前のおよそ10分の1だ。

全国の返還・譲渡率も、年々上昇しており、2015年度は38.5%だった。殺処分率の低下に、大きな効果を与えている。
Kensuke Seya / BuzzFeed

全国の返還・譲渡率も、年々上昇しており、2015年度は38.5%だった。殺処分率の低下に、大きな効果を与えている。

どのように殺処分されるのか。かつて、神奈川県動物保護センターであった殺処分の流れはこうだった。

この施設は、2013年に犬の殺処分ゼロを達成し、翌年から犬猫両方の殺処分ゼロを続けている。

右端の房に入れられた犬は、1日ごとに両側の壁が左にスライドして隣の房に。

Kensuke Seya / BuzzFeed

命の猶予は5日間。飼い主が現れないと、毎日、壁が動いて最後の房に。翌日には、殺処分機へ。命の期限は短い。

Kensuke Seya / BuzzFeed

殺処分機。その名は「ドリームボックス」。導入当時、”画期的な最善の安楽死”といわれていたという。

Kensuke Seya / BuzzFeed

緑色の「処分起動」ボタンが何度も押されていた。数十匹の犬が押し込められた殺処分機に、二酸化炭素ガスを注入。

Kensuke Seya / BuzzFeed

15分間。設定された殺処分に要する時間だ。いまも針は「15」を指し示していた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

息絶えた犬は、焼却炉に。殺処分ゼロを達成したこの施設には、今はもう必要ない。

Kensuke Seya / BuzzFeed

全国の施設にいる犬と猫は、”捨てられた”だけが理由ではない。迷子になったペットを探す飼い主はこんなにいる。

Kensuke Seya / BuzzFeed

飼い主の情報が入ったマイクロチップを埋め込めば、飼い主のもとに帰れる可能性は高いのに。

Kensuke Seya / BuzzFeed

施設にいるのは、犬と猫だけではない。カメや鳥もいる。

Kensuke Seya / BuzzFeed

責任をもって、動物を飼えますか?どんな命も、あなたの愛情を求めています。こんなかわいい顔で助けを待っているのです。

Kensuke Seya / BuzzFeed

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.