back to top

成田空港のトイレに駆け込んだらびっくり! スマホ用のトイレットペーパーがお迎え中

トイレの便座より、スマホの画面の方が5倍以上汚いことを心配するNTTドコモ。日本の玄関口で、斬新なおもてなしを提供し始めた。

NTTドコモ

NTTドコモが、成田空港にスマホ専用のトイレットペーパーを設置した。世界初の試みだといい、2017年3月15日まで、到着口近くにある7カ所のトイレ内の計86の個室に取り付けた。

来日した外国人たちが駆け込んだトイレで、docomo流の”おもてなし”を味わってもらう狙いだ。

トイレの便座より、スマホの画面の方が5倍以上汚い?

NTTドコモ

普段から肌身離さず持ち歩くスマホは、トイレの便座に座りながらだって使われているだろう。

お尻が触れる便座は、汚いイメージがあるけれど、実はスマホの画面の方が汚い。雑菌が、便座より5倍以上ついているという。

そんなデータを知り、世界からも評価される日本のトイレで、スマホ画面のケアもしてもらいたいと企画をスタートした。

外国人が、日本で最も困るのは「無料の公衆無線LAN環境」

総務省・観光庁 / Via mlit.go.jp

総務省と観光庁によると、外国人が旅行中に最も困ったのが、「無料の公衆無線LAN環境」で46.6%。

快適な旅行にしたいなら、このスマホ用のトイレットペーパーにお任せだ。docomoが提供するWi-Fiサービスやトラベルガイド、翻訳サービスの案内が、英語で載っている。

広告
NTTドコモ

紙は、幅5センチ。皮脂や手垢の付着を取り除くもので、ウェットティッシュのように濡れていないし、除菌はしない。

スマホ画面を拭く前に、写真を撮ったり、持ち帰ったりすれば旅行に便利だ。

NTTドコモは「日本のトイレに表れる、日本のおもてなしの心の素晴らしさが伝わればよいなと思っています」とコメントしている。

宣伝用の動画が、秀逸でおもしろい。

YouTubeでこの動画を見る

NTTドコモ / Via youtube.com

外国人でも理解できるように、ユーモアたっぷりな名前をつけたトイレで使える「技」を紹介している。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.