「ミー」にごめんね、ありがとう。飼い猫の生涯を描いたマンガが涙を誘う

    作者が「一番泣いた」実話をマンガにした。

    「ミー」という猫がいた。5歳頃から一緒に暮らし、19年目のある日、亡くなった。

    その生涯を描いたマンガ「ミーにごめんね、ありがとう」が、多くの人の涙を誘っている。

    くさか / Via Twitter: @kskmkyk
    くさか / Via Twitter: @kskmkyk
    くさか / Via Twitter: @kskmkyk
    くさか / Via Twitter: @kskmkyk

    作者は漫画家のくさかさん(@kskmkyk)。ミーにしてしまった行動を悔い、「ごめんね」という気持ちは消えない。同様に、感謝も尽きない。

    描いたきっかけは、漫画家の友人との会話だったという。

    「一番泣いたマンガ」の話になり、くさかさんはマンガではなく、ミーちゃんの話をした。すると、マンガにしてTwitterにアップしてはどうかと勧められ、12月20日に投稿した。

    「猫の話です。なにか飼ってる人は一緒居る時間を大切にしてあげてください。」

    その言葉とともにツイートした。12月22日午後5時現在、9万件以上リツイートされている。「ボロボロと涙が出てきて大泣きした」などと共感する声が多い。

    幼い頃から一緒に暮らし、数えきれない思い出があるミーちゃん。くさかさんは、彼女の存在は「兄妹」だとBuzzFeed Newsに話す。

    そして、「一緒にいる時間を大切にしてほしい」とのマンガに込めた思いは「ペットに限った話ではない」と言う。

    「一緒にいることが当たり前の存在こそ、一緒にいる時間が有限だと認識していなければ、後々後悔してしまうことになります。家族や大事な人との時間を大切にしてあげてください」

    今回の反響の中には「猫がかわいそう」との意見もある。くさかさんは自覚しているからこそ、タイトルを「ミーにごめんね、ありがとう」にし、長年の後悔と感謝の気持ちを作品で表現した。

    「こうはならないようにしようと、反面教師にしていただければと思います。 『ペットとの時間を大切にしなければ』という引用RTやリプライもたくさんいただき、マンガにして良かったと思いました」

    BuzzFeed JapanNews

    バズフィード・ジャパン ニュース記者

    Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here