back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

渋谷でゴミを成敗! 謎のサムライの正体とは?

「モラルのない心を成敗!」

3月9日、こんな投稿が話題になりました。

東京でゴミ拾いしてたお兄さんたち 道に落ちてるゴミみたら「何奴」て言うんめっちゃおもろかった。(笑)

ツイートの動画を見ると、謎のサムライたちの姿が。道に落ちているゴミを発見すると「何奴!」と言いながら寄っていきます。そして、そのゴミを捨てながら「モラルのない心を成敗!」との掛け声。一体何者なのでしょうか……?

彼らの正体は「一世一代 時代組

北海道を拠点に活動するストリートパフォーマンスグループ。殺陣(チャンバラ)のパフォーマンスなどを行いながら、徹底したエコへの取組み(ゴミ拾い、エコバック、マイ箸)を実践しているのだそう。

BuzzFeedは、メンバーの一人である渡邉宏行さんに取材しました。


ーー今回、大きな反響があったことはご存知ですか?

「はい。活動をして8年くらいになるのですが、とてもびっくりしました」

ーーなぜ、ゴミ拾いをはじめたのでしょうか?

「もともとは、時代組の代表である後藤(後藤一機さん)のアイディアでした。ある日、北海道の狸小路商店街で、吹雪にも負けずゴミを拾うおばちゃんを見かけたのだそうです。そのときに、おばちゃんの持つトングがキラリと光ったのが刀のように見え、『かっこいい! これだ!』とひらめいたと聞いています」

ーー公式ページには北海道を中心に活躍されていると書かれていましたが、東京でも活動されているのでしょうか?

「僕たちの想いに賛同してくれる仲間が集まり、2016年の1月に東京支部ができました」

ーー他にはどのような場所で活動されていますか?

「例えば、タイでチャンバラのパフォーマンスをさせていただきました。そのときなど、呼ばれた現地でゴミ拾いをします」

ーーおお、グローバル。ゴミを見つけたら許せないんですね。

「私たちはゴミを悪いと思っているわけではありません。ゴミを捨ててしまう悪い心を成敗しているんです。『ゴミはゴミにしてゴミにあらず。心なき行動によって生まれし産物。慈悲をもってその者たちを救うこと。それが我らの使命なり』を格言として活動しています」