back to top

「ガキ使スタッフ“クビ”」報道、松本人志さんが完全否定 掲載サイトが謝罪

“ガースー”こと菅賢治さん、“世界のヘイポー”こと斉藤敏豪さんが「今年に入って“クビ”になった」と報じられたことに対し、「2人に謝って」とツイートしていました。

ダウンタウンの松本人志さんが2月6日、ニュースサイト「日刊大衆」の記事が誤りだと指摘。関係者への謝罪を要求した。

日刊大衆。 ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ。 菅さんは数年前に既に日テレを退職されて総監督として三年間 頑張っていただきこの度めでたく卒業。ヘイポーは健在で近々OAのロケに参加してメッチャおもろかったけど。何? 2人に謝って。 日刊大衆。

問題の記事は、日刊大衆が同日朝に掲載した「ダウンタウン『ガキの使い』、ガースー&ヘイポー「電撃リストラ」の衝撃」。

「構成作家」や「制作会社関係者」による情報として、日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のスタッフである“ガースー”こと菅賢治さんと、“世界のヘイポー”こと斉藤敏豪さんが「今年に入って“クビ”になった」と報じていた。

松本さんが指摘した後、日刊大衆は記事を取り下げ、午後4時に「【お詫びと訂正】」を掲載。

「その後の取材により、菅賢治氏は番組を卒業し、斉藤敏豪氏は今後も番組に関わっていかれることが確認されました」として、菅さんと斉藤さん、番組関係者に謝罪した。

Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:Keigo.ISASHI@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.