back to top

知る人ぞ知る、傑作SF漫画家の自費出版作 幻想科学諜報マンガ『インコンニウスの城砦』

電子版のみの公開。

SFアクションの『キヌ六』、日常系SFの『ベントラーベントラー』を月刊アフタヌーンで連載していた漫画家・野村亮馬さんの新作『インコンニウスの城砦』がKindleストアで1月2日に発売されました。価格は390円。

野村亮馬 / Keigo Isashi / BuzzFeed

今回の『インコンニウスの城砦』は自主制作作品であり、電子版のみの公開です。

物語の舞台は、氷に覆われた星。科学と魔術が拮抗する世界で、北半球と南半球の人々は、比較的温暖な赤道地帯を得るために争いを続けていました。

少年・カロは南半球側の密偵として、北半球が開発している「56号移動城砦」に潜り込み、工廠(こうしょう)の作業員として働きながら情報を集めます。

科学と魔術、スチームパンクとファンタジー、諜報と決戦、信頼と裏切り、ヒゲのおっさんとメガネ女子……。

本作は1巻完結のようです。ストーリーに触れると盛大にネタバレしてしまいそうなので、だいたいこんな世界観、というのを写真でご覧ください。

こんな街並み

※イメージです
T. R. Annan / Hulton Archive / Getty Images

※イメージです

こんな工場

※イメージです
Sean Gallup / Getty Images

※イメージです

こんな格好もする

※イメージです
AFP=時事通信

※イメージです

タコっぽいなにかも登場

※イメージです
AFP=時事通信

※イメージです

冒頭で述べた通り、価格は390円ですが、Kindle Unlimited会員であれば無料で読めます。

続編出てほしいな〜。

Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:keigo.isashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.