back to top

釈放のASKA、ブログを再更新「なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?」

逮捕当日の様子を記した。

東京地検は12月19日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(58)を、嫌疑不十分で不起訴処分とした。

ASKAさんは11月25日、「盗撮されている」と自ら110番通報。言動に不明な点があり、警視庁による任意の尿検査に応じた。

その後、鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕、送検されたが、捜査した東京地検は、鑑定した液体がASKAさんの尿だと立証できなかった。

釈放されたASKAさんは、同日21時頃、11月28日に話題となった自身のブログを更新。「不起訴でした。」という記事で、ファンにメッセージを送った。

無罪です。

様々なことは、また、改めて書かせていただきます。

すべての行動には、理由があります。

いまは、それしかお伝えできません。

予定が、20日間もズレてしまいました。

こんなところで止まっているわけにはいきません。

やれることを、やらなくては。

みなさんを、最高のアルバムでお待ちします。

今日は、少し疲れてます。

おやすむね。

まだ、パソコンを返してもらっていないので、

初めてiPhoneからのエントリーです。

みなさん、信じてくれてありがとう。

ASKA

ASKAさんは12月20日正午頃にブログを更新。「ずっと考えていました。」というタイトルで、逮捕当日の様子を記した。

尿検査ではお茶を提出したと説明している。一部を抜粋する。

なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?

これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています。

当日、瞬く間に警察が9人家にやって来ました。

被害を訴えて警察に連絡したはずでした。

「appleのアカウントが、一週間で2回も書き換えられてしまいました。何度も、このような目に遭ってきました。もう、我慢ができません。

警察のサイバー課の方を紹介してください。」

喋ったのは、わずかこれだけです。

警察は、

「わけのわからないことを言っている人がいる。」

僕の名前を、確認すると、

麻薬などを専門に扱う「組隊五課」に、連絡をしたのです。

これが、今回の出来事の始まりでした。

対応した警察官が、

「apple」「アカウント」「書き換え」

こんなことも知らないのですから。

いや、そのくらいは理解できたのかもしれませんが、

「わけのわからないことを言っている。」

人権問題です。

「組隊五課が、到着しますから。」

「組隊五課?」

麻薬などを専門に扱う部署です。

「検尿を求められるだろう。」

メヂィアに、

「ASKAが、意味不明なことを言っているので、検尿をした。」

発表しかねません。

それだけでも、大きな記事になるでしょう。

目の前にお茶がありました。

仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました。

「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい。」

間も無く「組隊五課」が、やって参りました。

「これは、もう何をやっても事件にしようとするだろう。」

「ASKAさん、尿検査をさせてください!」

これは、僕の斜めからの思考だと思ってください。

ちょっと、意地悪な回路をくぐり抜けたのがしれません。

「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう。」

あまり詳しいことは書けませんが、

3日目には、陽性となりました。

その後さらに「先ほどのエントリーを、読み直してみました。」という記事を投稿。尿検査の結果に対する考えを綴った。

あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。

失礼しました。

実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。

科捜研に間違いはないと思います。

ただ、まだ語ることなできない理由があります。

更新

12月21日更新のブログ内容を追記しました。

広告

Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:Keigo.ISASHI@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored