back to top

舛添都知事を批判してきた都議が直接対決 黒塗り資料に「情報隠蔽・無責任」

費用5000万円の「豪華出張」を改めて追及。

舛添要一都知事への批判は公私混同疑惑だけではない。「豪華すぎる海外出張」を追及してきた音喜多駿議員(かがやけTokyo)が6月8日、都議会で改めてこのこの問題について知事に質問し、辞任を求めた。

「黒塗りの資料」

舛添知事が昨年秋、5000万円をかけて行ったロンドン・パリへの海外出張は、飛行機のファーストクラスに、ホテルのスイートルームなど、国内外の他の首長とは桁違いの経費に「豪遊だ」と批判が殺到した。

なぜ、こんなにカネがかかったのか。音喜多議員が情報公開請求したところ、それぞれの項目にかかった単価や数量などが黒塗りになった資料が開示された。これでは、これらの支払いが適正かどうか判断できない。

黒塗りの理由は「予定価格が推察され、今後の都の契約事務の適正な執行に支障を及ぼすおそれがあるため」とされていた。

どうして黒塗りなのか。音喜多議員は文書を掲げながら、問いかけた。

出てきた資料はこの通り、ほとんどが黒塗り。まさに舛添都政の情報隠蔽体質・無責任体質を象徴する出来事でした。

いま現在、黒塗り公開になっている部分は、知事の意思で取ることができるはずです。今から、この黒塗り部分を外した、過去の海外視察の経費情報を公開される意思はありますか? YesかNoかで、ハッキリとお答え下さい。

これに対し、舛添知事は、次のように述べた。

海外出張経費の公開方法や、情報開示請求の対応につきましては、現在、海外出張経費検討会で検討されております。

経費の情報公開につきましては、パリ・ロンドン出張の詳細を、すでに都のホームページ上に公開していますし、他の出張にも拡大し、積極的に情報を公開してまいります。

公文書開示請求の対応につきましては、今後、より一層透明性を確保する観点から、過去の海外出張につきましても、非開示項目の見直しを行い、可能な限り開示項目を拡大する方向であります。

ただし、都が公開した「詳細」は、A4用紙1ページの簡潔なものだ。

知事が1泊19万円のスイートルームに泊まったことや、知事が乗ったファーストクラスのチケットが往復266万円もしたことは、これを見てもわからない。

これで「積極的に情報を公開」とは、とても言えない。

喫茶店で18000円?

続けて、「ある疑惑」に、音喜多議員は切り込んだ。港区にあるコーヒー1杯400円の喫茶店で2011年9月7日、18000円分の領収書が切られていた件だ。

舛添知事の一連の疑惑に対する調査報告書は、政治資金パーティに出席した20数名の朝食代で、適切だったと結論づけた。

音喜多議員は、次のように問いただした。

メディア取材に答えた店主が『このような金額の領収書を切った覚えがない』と証言しています。実際に小さな喫茶店で、20数名分の会計が発生することは不自然です。

関係者への事情聴取を行っていないことから、この報告書の内容を鵜呑みにすることはできません。この店主の証言との矛盾は、どのように説明されますか。この日の勉強会の出席者などを招聘して、勉強会はあったと断言できますか。調査結果ではなく、知事の言葉でお答えください。

知事は、こう答えた。

当初、報じられていたことは事実に反します。

喫茶店近くの会議室で、私の政治資金パーティであります『ますぞえ政治経済塾』という勉強会を、朝の7時45分から1時間程度、開催しております。この勉強会は早朝からの開催ということもあり、主催者側で出席者、20数名分の朝食を用意することとし、喫茶店でたまごサンドを購入しました。

喫茶店には、勉強会の準備をしてくれた人が注文したので、店主には、政治団体の勉強会のための注文だという認識がなかったのだと思います。

この喫茶店は、たまごサンドを600円で販売している。この説明が事実であれば、適切と言えるかもしれない。ただ、問題は音喜多議員も指摘しているように、「関係者への事情聴取を行っていないことから、この報告書の内容を鵜呑みにできない」ことではないだろうか。

音喜多議員は「もはや舛添知事への信頼は回復不可能」「仮に給与の一部返上などを申し出たとしても、とうてい都民の理解を得ることはできません」と、辞職を求めた。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kazuki Watanabeに連絡する メールアドレス:Kazuki.Watanabe@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.