「水害にあったら、どうすればいい?」 このチラシが、とてもわかりやすい

    「震災がつなぐ全国ネットワーク」の許可を得て、転載します。

    震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)が作った資料「水害にあったときに」が、とてもわかりやすい。震つなは、阪神・淡路大震災をきっかけに全国の災害関連NPOなどが結成した団体。

    震つな / Via blog.canpan.info

    まずは写真

    震つな / Via blog.canpan.info

    次に連絡

    震つな / Via blog.canpan.info

    役所の手続きも

    震つな / Via blog.canpan.info

    かたづけはゆっくり

    震つな / Via blog.canpan.info

    使えないもの 使えるもの

    震つな / Via blog.canpan.info

    迷うもの

    震つな / Via blog.canpan.info

    床下も注意

    震つな / Via blog.canpan.info

    中はすごいことに!?

    震つな / Via blog.canpan.info

    消毒と乾燥

    震つな / Via blog.canpan.info

    掃除スタイル

    震つな / Via blog.canpan.info

    漏電に注意!!

    震つな / Via blog.canpan.info

    今回紹介したのは、チラシ版(4ページ)でしたが、より詳しい「冊子版(32ページ)」もあるそうです。

    震つな / Via blog.canpan.info

    震つな事務局は、公式ブログで次のようにコメントしています。

    《冊子を希望の方は、メールにてお申込みください。

    震つな事務局E-mail:info@rsy-nagoya.com まで

    ※件名に「震つなへの問い合わせ」と記載をお願いします。》

    《九州北部における豪雨災害の被災地に送ることを優先しているため、現在増刷手配を進めており、被災していない地域のみなさまへの対応をお待ちいただいております。増刷が完了するまで、今しばらくお待ちいただきますよう、お願いいたします。》

    バズフィード・ジャパン ニュース記者

    Contact Kazuki Watanabe at Kazuki.Watanabe@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here