back to top

格差やテロを乗り越え「愛の文学」つづるナイジェリア女性たち

写真家グレナ・ゴードンが数カ月かけて撮った女性作家たちの素顔

写真家グレナ・ゴードンは数カ月にわたって、ムスリムの女性作家たちを撮影した。彼女たちの小説は、製本こそ安っぽいが、北ナイジェリアの市場で人気を博している。

彼女たちの書く本は「リッタタファン・ソヤッヤ」と呼ばれている。現地の言葉で「愛の文学」という意味だ。内容は、恋愛ファンタジーばかりではない。政治や子供の結婚、人身売買のような、社会的なテーマに挑むこともある。

「愛の文学」の流行は1990年、ナイジェリア北部の都市、カノで始まった。

そのきっかけとなったのが、『罪は子犬のように家までついてくる』(バララバ・ラマット・ヤクブ著)の出版だった。幼な妻として結婚してから、離婚し、貧困に苦しんだ19歳までの実体験に基づいて、書かれた作品だ。

広告

ナイジェリアは、男女の社会的格差が大きい国だ。中でもイスラム教徒が多い北部は、特に格差が激しく、女性が教育を受けることが難しい。

家族から執筆の支援を受けられる女性はごく一部だ。

しかし、政府の検閲は、全員が受けている。

2007年には、カノの首長が公の場で「愛の文学」を燃やす事件があった。首長は、「愛の文学はポルノだ」として、北ナイジェリアの伝統的な価値観から逸脱していると主張した。

ナイジェリア北部の都市カノは、世界的には「イスラム過激派ボコ・ハラムから攻撃されている地域」として知られている。写真家ゴードンは、写真集『Diagram of the Heart』で、この地域の別の一面を見せてくれる。

ボコ・ハラムによる女生徒276人拉致事件のほか、北ナイジェリアの結婚式や、現地で暮らす魅力を写真に収めている。


広告






Glenna Gordon

ベッドで恋愛小説を読む大学生フィルダウシ・エル・ヤコブ。大学は何週間もストライキ中。一日のほとんどを読書していて、自分も作家になることを夢みている。しょっちゅう新しい本を買うことを、父親は許してくれている。





広告

Kate Bubacz is a Senior Photo Editor for BuzzFeed News and is based in New York.

Kate Bubaczに連絡する メールアドレス:kate.bubacz@buzzfeed.com.

Monica Mark is the West Africa Correspondent for BuzzFeed News and is based in Dakar, Senegal.

Monica Markに連絡する メールアドレス:monica.mark@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.