亡き娘を思い、上空4300mからダイブ! 102歳のおばあちゃんの限界チャレンジ

    数年前、運動ニューロン疾患で娘を亡くした彼女。まだまだ知られていない疾患をより広く知ってもらうため、3年連続でスカイダイビングに挑戦し続けている。

    いくつになってもチャレンジを続けるばあちゃん発見!

    Facebook: saskydiving / Via Facebook: saskydiving

    オーストラリア・ウェリントン在住の102歳で、これまで3年連続スカイダイビングに挑戦中のツワモノだ。

    さあさあ、早速着替えて空へ繰り出すぞーーー!もう3回目ともなると、準備も手馴れたものですよ。

    実はこれはただの趣味ではない。

    Facebook: saskydiving / Via Facebook: saskydiving

    アイリーンは数年前に娘を運動ニューロン疾患(MND)で亡くした。まだまだ認知度が低いこの疾患を、少しでも知ってもらうために空を飛ぶことで人々の注目を集めようとしていると彼女は語っている

    14,000フィート(地上約43,000m)地点へ到達したアイリーンとインストラクターのジェド。テンションは上がり続ける。

    もう誰にも止められねえ。…飛んだっ!

    「アイリーンはとてつもない記録を達成した、半端ない女性です」と今回のスカイダイビングを実施したSA SKYDIVIGはFacebookページで彼女を紹介。

    いえーい!無事に地上へ着陸。世界最高齢でのスカイダイビングの記録を見事樹立!

    いくつになっても挑戦し続ける姿勢マジですごい。俺たちももっと頑張ろうな。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:千葉雄登