インスタでめちゃくちゃ映える写真の撮り方はこれ

    ポストしなけりゃ、撮る意味ないよな。

    iPhoneで食べ物を撮るのが大好き、BuzzFeed編集部のジェシ。何年も撮りまくってきた中で学んだ、美味しそうに撮れる、SNS映えする撮影のコツ教えます。

    Alida Barden/BuzzFeed

    1. できるだけ自然光で撮影。

    Getty Images

    自然光が、断然美味しそうな仕上がりに。窓の横で撮影、室内の照明はなるべく当たらないように。エストランで予約する時は、窓際の席を頼むとよし。

    2. 自然光でも、直射日光はX。

    Getty Images

    くっきりした影をつけたい場合以外は、直射日光は避けましょう。コントラストが強すぎるうえに、撮影が難しい。

    3. どうしても直射日光撮影する場合は、HDRモードで。

    youtube.com

    iPhoneのHDRモードならば、明るさの異なる3枚をミックスしてベストな明るさの1枚を作ってくれます。

    4. 白いナプキンは反射板かわり!

    youtube.com

    窓際で撮影する場合、窓と反対側に白いモノ(ナプキンなど)を広げると、窓から入った光が反射してバランスのいい仕上がりに。

    5. 露光はマニュアル調整。

    youtube.com

    iPhoneで撮影する場合、カメラ画面をタップ&スワイプUP/DOWNで、露光の調整ができます。メインとなる被写体にベストの明るさを選ぼう!

    6. ズームはダメ。

    Gpointstudio / Getty Images

    ズーム撮影は写真の画質が落ちます。もっとアップで撮りたいときは、iPhoneごと近づきましょう。

    7. 何枚も撮ってみて!

    Jesse Szewczyk/BuzzFeed

    複数枚撮れば、あとから見返してベストなものを選べます。特に、フォーカスには気をつけて。

    8. 暗所撮影は、友達のiPhoneが活躍。

    youtube.com

    暗い所で撮影する場合、フラッシュを焚くのではなく、友人のiPhoneを拝借。懐中電灯アプリで照らしながら撮影すれば、光を調整しやすいです。

    9. 真上から撮影。

    youtube.com

    迷った時は、真上からのショット。個性的なフレーミングではないけれど、定番で外れのない画が撮れます。

    10. グリッドを使おう!

    Jesse Szewczyk/BuzzFeed

    iPhoneの設定で、カメラのグリッドをオンにしておくと、撮影時に線が表示されます。これがあれば、まっすぐ撮影したい時にらくちん。

    11. 手ブレ注意。

    Taylor Miller/BuzzFeed

    写真はフォーカスが大事=手ブレ厳禁。

    12. フィルターではなく、写真編集を。

    フィルターも楽しいけれど、全体にかかってしまうのでディティール調整はできません。写真編集アプリをいれれば、明度やコントラストなど自分で編集ができます。ジェシのおすすめアプリはAviarySnapseed

    この記事は英語から翻訳されました。