「うおー!めっちゃ入る!」“魔法の収納グッズ”でパンパンだったクローゼットに余裕ができた!

    Amazonで見つけた「収納アップハンガー」のおかげで、服の収納が楽になりました。誰かと一緒にクローゼットを使っている方や、衣替えして服が入り切らなくて困ってる方にオススメです。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    誰かと一緒にクローゼットを使ってると、よく直面する問題。服が入り切らない!

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    私の場合、妹と一緒にクローゼットを使っているからパンパン。

    入りきらなかった服、どこに入れよう…。

    そんな時、Amazonで超優秀なハンガーを見つけました!

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    それがこちらの、エスエイ企画「収納アップハンガー」です。

    どこがハンガーなの?って感じの見た目ですが、これをクローゼットのパイプ部分にかけると…

    収納スペースに余裕ができた!

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    あんなにパンパンだったクローゼットがスッキリ。

    ハンガーをかける前と比較すると全然違う…。

    こんな感じに段差を使って収納するので、渋滞を起こしてたハンガーたちがスッキリします。

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    使い方は超簡単です。

    ①収納アップハンガーを、クローゼットのポールにかける。

    ②服を前→後の順番で交互にかけていく。

    ちなみに、まだ余裕がある。

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    ちょっと押したら、またスペースが!

    薄手の服を47枚も掛けたのに、まだ掛けられるの?

    今までギュウギュウに詰めていた努力は何だったんだ…。

    厚手の服は20枚くらい掛けられる。

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    コートやシフォンスカートなどかさばりやすい服も、収納アップハンガーのおかげでスッキリ収まってくれます。

    衣替えをして冬物の服が入りきらない時は、これを使えば良さそう。

    しかし、いくつか注意点があります。

    一つ目は、購入前にクローゼットの幅を確認すること。

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    細いハンガーに薄い服をかけた場合、幅が49cmになります。

    かける服やハンガーにより幅が変わるので、購入する前にクローゼットに収まるかチェックした方が良さそう…。

    二つ目は、真っ直ぐなタイプのハンガーは使いにくいかも。

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    真っ直ぐなタイプのハンガーは、前の方に掛けにくいです。

    このタイプのハンガーを使う時は、後ろに掛けるのをオススメします。

    でも、服がスッキリ収まるから一つあると良いですよ〜。

    HuiYeong Kim / BuzzFeed

    お値段は、Amazonで2個入り3080円。

    兄弟姉妹や誰かと一緒にクローゼットを使っている方に超オススメです。

    休日やお家時間で服を整理する予定がある方も、1セットあるだけで助かりますよ〜◎

    収納力 ★★★★★

    使いやすさ ★★★★☆

    コスパ ★★☆☆☆

    モノの収納に困っているなら、ダイソーの「椅子になるスツール」がおすすめ。

    BuzzFeed

    お値段は、500円+税とダイソーにしてはお高め。

    一人暮らしや来客用の椅子として良さそう。

    漫画の単行本が60冊ほど入る容量です。

    BuzzFeed

    お菓子やメイク道具など、いろんなものが入りそう!

    入れるものによってイスの強度は左右されません。

    何も入れなくてもしっかり座れます。

    便利さ ★★★★☆

    組み立てやすさ ★★★★★

    収納力 ★★★★☆

    コスパ ★★★★☆

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。