back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

ドラクエにおける、魔王の心が広すぎる問題

※個人の感想です。

私ごとで恐縮ですが、今ドラゴンクエストXIに夢中です。

スクウェア・エニックス提供

ようやく「勇者のつるぎ」を入手し、これから魔王を倒しに行くぞ!と意気込んでいます。

そんな折に、ふと思ったのです。

「なぜ魔王はハナっから出てこなかったのか」

魔王にとって、勇者が力をつけるのはこの上ない脅威。非力なうちに対処するのは当然に思えますが、視点を変えると、冒険をお膳立てしているような、勇者を見守っているような。むしろ成長を愉しんでいるのでは…?

そう思った5つの理由です。

1. 勇者が超のびのび旅してる

スクウェア・エニックス提供

魔王討伐に締め切りはありません。

悠々と冒険できる一行は、モンスターを倒してレベルをあげ、寄り道しながらアイテムを集め、馬レースに没頭し、カジノに興じることも許されます。

幅広い経験を積ませたいという、魔王の親心でしょうか。

2. 中ボスの難易度が絶妙

スクウェア・エニックス提供

勇者の成長度合いを見澄ましながら、適切な課題(中ボス)を差し向ける魔王。「回復キャラ多めじゃないとキツイ」「フバーハ使わないとやばいわ」など、一行は戦術のPDCAを回し、成長していきます。

まるで上司と部下のようです。

広告

3. 冒険のハードルが心地良すぎ

スクウェア・エニックス提供

序盤から強力な武器を手にしてしまったり、とんでもないフィールドに踏み入れさせないよう、魔王はあらかじめ冒険ロードマップを作成しているはず。全ては安心・安全に、身の丈に合った旅を楽しんでもらうため、という想像です。

5. モチベーション維持が上手い

スクウェア・エニックス提供 © 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

フィールドはもとより、魔王城内にまで宝箱を置くサービス精神。その上セーブポイントまで設置しています。虎穴でもモチベーションアップをいとわないって、懐深すぎる。。

そんなこと考えてたら、こんなツイートをみつけた。

ドラクエ11が初ドラクエの息子が、お金がないと言うので見てみた。 そしたら前に使ってた武器を全て売らずに持ってたので、「全部売って強い武器買えばいいんだよ」って言ったら、「だって思い出が詰まってるから売れないよ…」って。 いいなあ、そういうの。ほんとに冒険してるんだな。

余計なことを考えない純粋な心が欲しい。