吉野家、幻の「牛たん」メニュー販売開始 数量限定で868円

    吉野家が6月18日より『牛たん麦とろ御膳』を全国店舗で限定発売。

    吉野家が6月18日(木)11時から、牛たんを使用した新商品『牛たん麦とろ御膳』を全国店舗にて数量限定で販売する。価格は868円+税。

    吉野家

    大きめの牛タンには、ローストした玉ねぎ・長ねぎ・ガーリックをふんだんに使用した特製ねぎ塩だれ、さらに刻んだ青ねぎがトッピングされる。

    ねぎがたっぷり絡んだ牛たんは噛むほどに味わい深く、牛たん本来の旨味とねぎ塩だれのコク深い旨味を堪能することができる。

    「牛たんを鉄鍋で生肉から短時間で焼き上げることで、肉本来の旨みをぎゅっと閉じ込め、しっとりとした柔らかい食感に仕上げました」(吉野家広報)

    吉野家

    鉄鍋で供される牛たんは、とろろ、おくら、もち麦ご飯、みそ汁の御膳仕立て。

    とろろは長芋、大和芋、大薯芋の3種をバランスよく配合し、食感や粘りを楽しめる仕上がりだ。

    実は牛たん商品は2016年春に一部店舗で試験的に販売されていたが、食材の流通量、商品と価格の兼ね合い、店舗オペレーションなど様々なハードルから全国販売には至らなかった。

    その後、試行錯誤を続け、この度全国販売を開始するに至ったという。

    ご飯の増量・おかわりは24時間無料。ご飯増量の場合はもち麦もご飯も両方を増量し、おかわりの場合はもち麦ご飯かご飯かを選択できる。

    テイクアウトのご飯増量も無料。* 一部店舗では価格が異なる

    吉野家の夏の定番商品「牛皿麦とろ御膳」と「ねぎ塩豚丼」も同時に販売開始となる。