シャウエッセン歴30年の私が選ぶ「いちばん美味しい温め方」

    レンジ調理が解禁されたシャウエッセン。調理の仕方で味に違いがあるのか、比べてみました。

    かれこれ30年くらいシャウエッセンを食べてる。でも飽きない。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    どう食べても美味しいシャウエッセンですが、温め方で差が生まれるのか、3つの調理法で比べてみます。

    【調理法1】公式が推す「黄金の3分間ボイル」

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    まずお湯を沸騰させたら弱火にし、3分間茹でる食べ方。実はパッケージ裏で紹介されている調理法です。

    【調理法2】社員がすすめる「強火で茹で焼き」

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    TBS系の情報バラエティ番組「ジョブチューン」で日本ハム社員が紹介した食べ方。

    強火で少量の水を一気に加熱し、水気がなくなるまで炒める方法です。

    【調理法3】解禁された「レンチン」

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    今月、日本ハムが大々的に発表したレンチン。今回はホームページの調理目安を参考に、500wで30秒加熱します。

    見た目がからしてぜんぜん違う。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    ボイルしたものは見た目にハリがあるのがわかります。それに比べ、レンチンは脂がしみ出ています。

    食べてみると…

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    3分間ボイル

    箸でつまんだ瞬間、中身がパンパンに詰まってるのを感じます。食べてみる と「バスンッ!」と弾け、肉汁が飛び出てきました。

    茹で焼き

    まさに茹でと焼きのいいとこ取り。カリッとした食感がたまりません。

    レンチンしたシャウエッセンは…

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    口に入れた瞬間、脂っこさを感じました。さらに、ボイルや茹で焼きに比べると皮の歯切れがイマイチ。それでも肉が美味い。

    【結論】黄金の3分間ボイルこそ至高

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    個人的な好みはボイル>茹で焼き>レンチンです。

    プリプリ感を味わうなら3分間ボイル。カリッとした食感なら焼き。時短調理ならレンジで加熱してください。

    ちなみにシャウエッセンは加熱調理済みですから、袋から取り出してそのまま食べることもできます。