キリンラガービールがしれっとリニューアル 一体どこが変わった?

    キリンラガービールがこの7月、10年ぶりにリニューアルしてました。

    キリンラガービールが10年ぶりにリニューアルしました

    キリンラガービールといえば1888年に発売し、130年以上飲み継がれてきたキリンビールの原点。

    前身であるジャパン・ブルワリー・カンパニーから「キリンビール」というブランドで発売され、ネーミング変更を経て今にいたる超ロングセラーです。

    同社広報によると今回のリニューアルではホップと仕込工程の見直すことで、苦味の「質」を高めたそうです。

    これにより、よりバランスのとれた飲み飽きないうまさを実現したといいます。

    飲んでみると、あー美味い、美味い!

    どっしりとしたラガーらしい苦味はそのままに、後味のフルーティーさが増している印象を受けました。

    飲み比べると味の差が顕著です。

    左は旧ラガー、右は新ラガー。

    旧ラガーはラガーらしいどっしりした苦味が感じられます。

    これに対し新ラガーは率直に飲みやい。ホップの効いた飲みごたえはありつつ、いい意味でクセがなくなった印象です。

    好みが別れるかもしれませんが、どちらも美味いことには変わりなしです。

    正直、香りの差はよくわかりませんでした。

    ホップの使用量を増やしているようなので、おそらく香りも変わっているはず。僕はあまり感じませんでした。

    よーく見るとパッケージに細かい変化が

    左が旧ラガー、右が新ラガーです。

    同じじゃね…?て思いますよね。よく観察してみてください。

    上から観察してみると、まず上部の「KIRIN」のテキストが消えました。

    中央の帯の表記が「LAGER BEER」から「KIRIN LAGER」に変化しています。

    麒麟を囲むオーバルの下半分がデザインになり、下部の文字は黒から金になりました。

    これらは10年前のリニューアルと同じくクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんによるものです。

    伝統を引き継ぎつつ、新しいチャレンジを繰り返すキリンラガービール。ぜひお試しください。

    純粋に美味いです。