大阪の無料タクシーがマジでやばい(いい意味で)

    寒いを通り越して極寒です。

    これはある日の大阪、天王寺。

    うだるような暑さ…34度。危険です。

    あまりの暑さに黒いズボンが塩を吹くレベル。

    猛暑のなか大阪に何をしにきたかというと、新しいタクシー配車サービスの取材です。

    株式会社ディー・エヌ・エーが発表した次世代タクシー配車アプリMOV「めちゃ冷えタクシー」体験イベント。

    MOVはタクシーに乗りたい人と乗せたいタクシーを繋ぐアプリで、移動をもっと簡単にすることを目的に始まったサービス。アプリ上の地図に走行中のタクシーが表示され、スムーズに配車することができます。

    2018年に神奈川県内でスタートし、今年7月から大阪と京都でも運行が始まりました。

    車内をバッキバキに冷やしたタクシーでPR

    夏場に涼しく移動したいというニーズに応え、8月23日(金)から9月2日(月)までの期間限定で、タクシー車内で冷涼体験ができる「めちゃ冷えタクシー」を無料走行を開始しました。

    車両が空車かつ大阪市内の対象エリア内であれば、目的地まで無料で利用できるとのこと。

    イベントに出席した漫才コンビのミキは「近鉄タクシーのきんはキンキンのきん」とMOVをPRしていました。

    また、同じくゲスト出演していたペンギンの喧嘩をみて兄の昴生が「やめやめ!ええ加減にせえよ!クビにするぞ」と会場を沸かせる場面も。

    ちなみに「めちゃ冷えタクシー」の車体もペンギンのデザイン。青い車体が爽やかです。

    車内も青一色で涼しげ。空調は極限まで冷やされています。

    車内には冷涼体験を加速させるグッズがたくさん。冷感スプレーや冷感シート、扇風機まで備え付けてあります。

    座席シートも冷えています。

    スリッパまで…(嬉しい)

    冷感シートで汗をふき、冷感スプレーをふりかけ、携帯扇風機を装着して乗車するとこの上なく爽やかな体験ができます。

    通常であればありえない寒さですが、炎天下から乗車した瞬間の気持ち良さったらありません。こんなに冷えた車を運転をする乗務員さんがちょっと心配です。

    これが今だけ大阪市内を無料で利用できます。

    めちゃ冷えタクシーは利用可能なときに限り、アプリ内のマップ上に氷のタクシーアイコンで出現します。配車依頼時に乗車地をピンで指定してから「MOV めちゃ冷えタクシーを呼ぶにはここをタップ」を選択することで配車可能です。

    また、乗車したユーザー先着3万名に「めちゃ冷え」グッズがプレゼントされます。

    ただし利用は1人1回限り。大阪市以外に行く場合は、迎車料金を含む全国区の通常運賃を支払うことになるので注意。