back to top

思い出してほしい、あの頃。ポケモンが“スマホの向こう”に現れるまで

ポケットピカチュウ、おぼえてる?

スマホの むこうに ピカチュウが あらわれた!

ポケモンGOが日本に上陸してから、はやくも二週間が経ちました。

世界全体で推定1億ダウンロードを突破し話題になる一方、「飽きた」の声もちらほら聞こえてきます。

思い出してほしい、これでピカチュウと歩いたあの頃を。

1998年に発売された「ポケットピカチュウ」です。

画面のなかには一匹のピカチュウ。持ち歩くと「ワット」が溜まり、それをピカチュウにあげることができます。

みんな外に出て、がんばって歩いていましたね。ある意味、ポケモンGOの前身かもしれません。

リアル・ポケモンずかん、おぼえてる?

こんなものも売ってました。

なぜかスケジュールをメモする機能や電卓の機能がある、ポケモンずかんのおもちゃです。

機能は少ないけれど、アニメそのままの見た目にワクワクしましたね。

それが今や、スマホのアプリでポケモンずかんを開ける時代になりました。

赤緑が発売された1996年。ポケモンはケーブルを通る存在だった

第1作目のゲームが発売されたのは、いまから20年前の1996年です。当初、ポケモンの交換にはケーブルが用いられました。

ゲーム機は、ちょうど「ゲームボーイ」が使用されていた時代です。

こんなのも装着したな…。

2004年に発売された「ファイアレッド」「リーフグリーン」に付いてきたのが、このワイヤレスアダプタです。

少し離れているところからポケモンを交換できたとき、なんだか感動しましたね。

2013年には3D化され、ぐっとリアルに。

その後もポケモンゲームは進化し続けます。

2013年には3DS版ソフトが発売されました。あの頃、ドット絵だったポケモンも、今じゃ3D。

ポケモンの、ずっと変わらないテーマ

以前、株式会社ポケモン広報はBuzzFeedの取材に対し、こう述べていました。

「ポケモンはゲームを楽しむ上でも、人と人をつなぐ仕組みを担っていると思います」

デバイスや通信手段の進化はあっても、この普遍的な要素は変わらないそう。

「リアルな世界も、バーチャルな世界も、ポケモンの存在を通して、豊かな世界としてリンクしていくことが理想です」

Facebookページもよろしくね🎮

友だち追加数

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss