東大の構内に“最強のカフェ”を発見した

    設計は、まさかの隈研吾

    東京大学のとあるスポットが、インスタで話題になってます。

    Jaimax / Getty Images

    それが、ここ。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    本郷三丁目駅から歩いて約4分

    東大の敷地に少し入ったところにある、カフェ「廚菓子くろぎ(クリヤカシクロギ)」です。

    話題の日本料理店が手がける和風カフェ。

    Instagram / Via bzfd.it

    予約が取れないと話題の日本料理店「くろぎ」が手がけているカフェです。

    冬にも関わらず、インスタにはここのかき氷がたくさんアップされています。

    お店に行くと、まず外観のかっこよさに衝撃を受けます。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    建物は隣にある研究室と一体化しています。なんと、設計はあの隈研吾が担当。

    実際に見ると写真よりもずっと大きく感じられ、圧倒されます。

    カフェは屋根の下にひっそりと佇んでいます。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    店内は室内と室外に分かれています。薄暗い雰囲気がいい感じ。

    平日の午前中にも関わらず、かなり人が入っています。

    こんな都心にあるのに、驚くほど静か。京都にでも来たような気分です。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    店内で“くずきり”と“かき氷”を注文し、席に着きます。

    「ここは京都かな?」と思うくらい、静かで穏やかです。周りに緑がたくさんあって、めちゃめちゃ癒される…。

    外の席には電気毛布が用意されていて、思ったより寒さを感じません。

    注文してから提供されるまで約30分ほどかかるそうなので、まったり待つこととします。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    天井まで美しく、完璧な店内です。

    30分もかからず、くずきりが出てきました。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    【くずきり お飲み物セット 2500円】

    豪華なくずきりの登場です。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    ツヤツヤとした表面に思わずうっとり。

    通常のくずきりよりも太めで、存在感があります。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    黒みつの上にはお花が浮いています。細かなところまで美しい。

    黒みつときな粉をつけて、いただきます。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    食べてみると、想像以上に美味しくて感動しました。

    ツルツルとした舌触りとモチモチの食感が最高です。

    きなこの香ばしさが、黒みつの上品な甘みを引き立てています。

    「今まで食べてきたくずきりはなんだったの?」と思うくらい、格別!

    量もたっぷりあって、幸せすぎます…。

    コーヒーはまるでお茶のごとく出てきます。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    こちらがドリンクセットで注文したコーヒー。茶器に入って出てくるなんて新鮮ですね。

    コーヒーも種類豊富で、「濃口」や「淡口」など選べます。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    かき氷はこんな感じ。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    【かき氷 黒みつきなこ 1400円】

    かき氷もくずきりにも負けない、豪華な姿です。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    氷の上には、あずきときなこがたくさん乗っています。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    クリームは立体感がすごいです。ふわっふわ。

    黒みつをかけていただきます。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    口どけのいい優しい氷は、いくら食べても頭にキーンと来ません。

    クリームは醤油風味で甘じょっぱく、黒みつと相性バツグン。

    寒さなんて気にならなくなるほど美味しいです。

    東大にこんなお店があったとは…。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    行列ができる日もあるという「廚菓子くろぎ」。

    かき氷シーズンがやって来る前に、ぜひ一度訪れてみてください!