back to top

何色?何に見える? 2016年議論を巻き起こした“錯覚”画像たち

こんなのあった

1.点、何個見える?

There are twelve black dots at the intersections in this image. Your brain won’t let you see them all at once.

「この画像には、黒い点が12個あります。けれど、あなたの脳は、それをいっぺんに見せてはくれません」

そう言って投稿された画像。点が何個見えるかは、人によって違うようです。

2.え、黒茶に見えるの? 青白でしょ?

広告

「友だちは青白に見えるっていうんだけど、ぼくには黒茶に見えるんだよ…どんなふうに見えるか教えてくれよ」

昨年は同様のドレスが物議を醸しましたが、今年はジャケットが話題に。

3.この太もも、実はテカってないんです。

よーく見てみると、光っているように見える部分は絵の具で描いてあるのがわかります。

投稿者が言うには、この現象はすべて偶然だったとのこと。

「図工の宿題をやっていたら、白い絵の具が筆にまだついていたから、適当に足に線を描いただけです。テカっているように見せようとしたわけじゃないです」とBuzzFeed Newsに語っています。

4.何かがおかしい…。

広告

「今ネイルをやったところ」と、一見するとよくある投稿に思えます。しかし、何かがおかしい。指が一本足りません。

実は彼女、関節がとても柔らかいそうです。友達向けに冗談として投稿した写真なのだとBuzzFeed Newsに話してくれました。

5.女の子、何人いるの…?

インスタに投稿された一枚の画像。何人かの女の子が鏡に写っているように見えます。

「実際は何人なのか?」と話題になりました。投稿者は正確には答えていませんが、「私の娘は二人しかいない」とコメントしています。

6.今度はビーサン。

11月には物議を醸すビーサンの画像が投稿されました。

黒と青に見える人、白と金に見える人、今回も意見はわかれているようです。

Hirona Kobashiに連絡する メールアドレス:Hirona.kobashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.