事件が起きた、名曲が生まれた。“10年前の紅白”を覚えてますか?

    SMAPが歌ったのは、あの曲。

    ついに、紅白歌合戦の出場者が正式発表されました。

    和田アキ子の落選や宇多田ヒカルの初登場など、今年も世間を騒がせている紅白。

    10年前には、こんなことが起きていたんです。

    1.ちょうど10年前、DJ OZMAの“全裸事件”が起きた。

    Koichi Kamoshida / Getty Images

    2006年の紅白に登場した際のパフォーマンスが「過激すぎる」と問題になりました。

    通称、“全裸事件”です。まるで裸かのような衣装に抗議が集まりました。

    2.紅白歌合戦が『千の風になって』ヒットのきっかけに。

    TEICHIKU ENTERTAINMENT / Via amazon.co.jp

    テノール歌手・秋川雅史が歌う『千の風になって』は、紅白がきっかけでヒットした名曲です。

    NHKの公式サイトでも、「秋川が歌った『千の風になって』は、この紅白をきっかけに翌年ミリオンセラーになった」と説明されています。

    3.絢香が『三日月』で初登場。

    ワーナーミュージック・ジャパン / Via amazon.co.jp

    『三日月』はもう10年前の曲です。

    4.Aqua Timezの時代。

    ERJ / Via amazon.co.jp

    2006年は、Aqua Timezが初登場しました。

    Aqua Timezのヒット曲のうち、1位の『決意の朝に』と3位の『千の夜を超えて』は2006年にリリースされたものです。

    5.『マタアイマショウ』が紅白で歌われた。

    BMG JAPAN / Via amazon.co.jp

    懐かしの『マタアイマショウ』。SEAMOも初登場です。

    6.『気分上々↑↑』もこの年のヒット曲。

    ユニバーサルJ / Via amazon.co.jp

    『気分上々↑↑』は、2006年の夏うたです。

    7.実は、この人も初登場。

    UNIVERSAL SIGMA / Via amazon.co.jp

    徳永英明が初登場を果たし、話題になりました。

    2006年は『壊れかけのRadio』を披露。それから10回の連続出場を果たしました。

    8.あの頃、AKBはいなかった。

    ZETIMA / Via amazon.co.jp

    2006年、紅白にはモー娘。が出演していました。

    AKBは当時あまり知れ渡っておらず、この翌年に初めて登場します。

    今年も出演が決定したAKBですが、ハロプロは2007年の10周年記念SPのあと出演が途絶えてしまいました。

    9.『チャンピオーネ』で応援した年。

    ソニー・ミュージックレコーズ / Via amazon.co.jp

    ORANGE RANGEがこの年に歌った『チャンピオーネ』は、NHK「2006 FIFAワールドカップ」のテーマソングに選ばれています。

    10.SMAPは『ありがとう』と歌ったのでした。

    Toru Yamanaka / AFP / Getty Images

    SMAPが『ありがとう』をリリースしたのは2006年です。

    あれから10年、今年はどんな紅白になるのでしょうか。

    訂正

    「氣志團」と記述していた部分を「DJ OZMA」に訂正いたします。