役にたたない「キャップ投げ」を5年極めた17歳、すごい領域にたどり着く

    スライダーもカーブも。

    わっきゃい(@wildkumada)さんが投稿した「キャップ投げ」の動画が「かっこよすぎる」と1万リツイートを超える話題を呼んでいます。

    その「キャップ投げ」動画がこちら

    なんの役にも立たない僕の唯一の特技 キャップ投げ

    的に向かって立つわっきゃいさん(17歳)

    @wildkumada / Via Twitter: @wildkumada

    結構遠いぞ?

    まずはストレート

    @wildkumada / Via Twitter: @wildkumada

    まっすぐゴール!

    ぐわっと曲がるカーブも楽々ゴール

    @wildkumada / Via Twitter: @wildkumada

    何者なの……?

    逆視点からの動画もかっこいい

    @wildkumada / Via Twitter: @wildkumada

    そして縦スライダー! これペットボトルのキャップですよね?

    あまりのレベルの高さに「コントロールの良さがすごい」「確かに役に立たないけどかっこいい」とコメントが集まりました。

    「週5回、毎回20分程度練習しています」

    わっきゃいさんは千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手の大ファンで、涌井投手の投げ方を参考に日々研究しているそうです。どこから湧いてくるのその熱意!

    BuzzFeedがわっきゃいさんにキャップ投げをはじめた理由を聞くと、「12歳のとき、身近なものでかっこいいことをしたいなと思った。俗に言う中二病ですw それを飽きずに5年続けてたら上達しました」とのこと。

    やってみたい方は講座動画をどうぞ

    好評を受け、制作された講座動画。持ち方や投げ方を解説しています。

    「目標はキャップ投げというマイナースポーツにスポットライトが当てられること。もっと流行ればもっと嬉しいです!」とコメントしました。清々しく斜め上の努力、ボトルキャッパー(と呼ぶそう)増えるといいですね。

    Facebookページもよろしくねっ