まるでハリポタ!小田急沿いに「魔法雑貨屋」見つけた

    死ぬまでに一度は行きたいお店

    神奈川・相模原にある「海福雑貨」。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    住宅街の中にぽつんと現れるかわいらしい雑貨屋さん。

    このお店が「一度入ったら夢中で出られなくなる」「一瞬で童心に帰れる」と話題を呼んでいます。

    店内に入ると、そこにはキラキラの「エジプト香水瓶」や

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    すべて一点物の「ガラスペン」

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    結晶の様子で天気がわかる「ストームグラス(天気管)」など

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    紹介しきれないほどの素敵なアイテムが所狭しと並んでいました。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    作家作品・アンティーク小物・理科雑貨・鉱物……。商品すべてが魔法にかかっているようです。ハリーポッターや、ジブリの世界を凝縮したような、非日常的な空間。何時間いても飽きません。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    海福雑貨を立ち上げたのは店主の遠藤 和海さん。「日常のすぐ隣に、非日常を持ってくる」を目標に、10年前の2007年にお店をオープンしました。なんと開店当初は会社員とかけもちだったといいます。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    ▲店の中はそんな遠藤さんが選び抜いた「異空間」「非日常」を思わせるアイテムがぎっしり。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    ▲普段使いできるアクセサリーも豊富です。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    ▲小ビンだけでもこの品揃え。商品棚を見る度に新しい発見があります。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    ▲1階にある「海福雑貨 本店」の2階には「妖しい」「虫」「鉱石」などの狭く深い分野に特化した「海福雑貨 分室」もあります。(金土日のみ開店)

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    ▲ 海福雑貨分室で購入できる「ウラングラス」紫外線により蛍光色に光るそうです。美しい…。

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    遠藤さんの最近の目標は、取り扱いジャンルを増やすこと。「本当はもっと紹介したい素敵な家具などもあるんです。でも、店のスペースが足りなくて…(笑)。いつかは本店・分室が入居しているアパートの部屋をすべて借りて、1つの建物を海福雑貨にするのが夢です」

    海福雑貨 / Via Instagram: @umifukuzakka

    行く度に違った発見がある海福雑貨さん。「魔法使いの方はこの店で準備していくといいですよ」というコメントが寄せられることも。どうしてもお店にいけない…という方は、海福雑貨通販部でもたっぷりその世界を楽しめます。