back to top

スマホで野菜を育てる時代きた! 菜園ガジェット「foop」がただの未来

4月中旬から受注開始だよ

アドトロンテクノロジー株式会社

スマホアプリで野菜を管理できる、何それびっくりな水耕栽培機「foop」がまもなく発売されます。

レタス・しそ・パセリなど9種類の野菜を、室内で簡単に育てられるIoT水耕栽培機です。4月中旬から予約受付開始。

アドトロンテクノロジー株式会社

光の強さやCO2の濃度など「手間のかかる管理」は自動で行われます。水位もセンサーで感知し、水やりが必要になった場合はアプリが教えてくれる仕組みです。これなら枯らすこともなさそう!

アドトロンテクノロジー株式会社

スマホアプリ画面。育成日数などが表示され、「収穫に取り掛かりましょう」と指示が出ています。

機体にはアイコン画面があり、「成長中」「快適」「水やり」など状況がわかります。
アドトロンテクノロジー株式会社

機体にはアイコン画面があり、「成長中」「快適」「水やり」など状況がわかります。

栽培数は最大20株、約4週間ほどで食べごろに育つそうです。野菜の発育情報をSNSに投稿することも可能。農場系のスマホゲームが、リアルにもやってきたイメージで楽しめそうです。

デザインは「カドケシ」などで知られるプロダクトデザイナー神原秀夫さんが担当。価格はオープン価格としています。