高所恐怖症の人にしかわからない9つのあるある

    ムリすぎ…。

    1. 橋を渡る時はなるべく真ん中を歩きたい

    Getty Images

    はしっこ歩くと、万が一落ちることがあるんじゃないか…とか考えてしまう。歩道橋も同様。

    2. 階段のスキマから下が見えるのがいやだ

    Hikaru Yoza / BuzzFeed

    8階とかからでも余裕で1階まで見えるし、うっかりのぞくと足がすくむ。

    3. 飛行機で旅行する時は気が滅入る

    Getty Images

    ほとんど無いとはわかっていても「飛行機 事故 可能性」とか検索しちゃう。

    4. 高層マンションに住むとか考えられない

    Getty Images

    ベランダから落ちた場合のことを考えるし、景色がキレイでも毎日高いところにいるなんてムリ!

    5. 観光地のガラス床が無理すぎる

    Getty Images

    嬉しそうに乗ってる人を見るだけでヒヤヒヤが止まらなくなる。

    6. 観覧車デートとか地獄

    Getty Images

    いくら好きな人でも、頂点が近くにつれて顔がこわばる…。

    7. ロープウェイがめちゃくちゃ怖い

    Getty Images

    なるべく遠くを見るか、うつむき続けるか…とにかくいま高いところにいることを思い出さないように必死。

    8. 絶対にスカイダイビングをせず人生を終えたい

    Getty Images

    「一生に一回はやってみたいよねー!」とかまったく思わない!怖い!

    9. こういう写真みると「ひええええ」ってなる

    Getty Images

    高所で足だけブラーンと浮かせて座ってみたり……写真を見るだけで足がすくんで、見ていられない。