【腸活のススメ】おいしい「ぬか漬け」が家で簡単に作れちゃう!

    腸内環境を整える働きがあるとして注目されている発酵食品。乳酸菌が豊富な「ぬか漬け」もその一つ。家にいる時間がたっぷりある今、ぬか漬けの手づくりを始めてみるのもおすすめです!

    漬物ってちょっと手間がかかるイメージですが、こちらの「発酵ぬかどこ」を使えばとても簡単なのです!

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    記者もぬかどこは初めてですが、「毎日のかきまぜ不要で、はじめての方も簡単!」の謳い文句にのせられてやってみました。

    では、さっそくチャレンジしましょう。

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    今回、用意したのは、王道のきゅうり、にんじん、なす、大根、出来心でキャンディチーズ。ぬかどこに入る適当な大きさにカットしました。

    あとはぬかどこに突っ込むだけ!

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    ぬかどこをコネコネコネコネ……気持ちいい。なんだか泥遊びをしていた幼い頃を思い出した。具材はまんべんなく漬かるようにしましょう。

    はい、あとは冷蔵庫に入れて一晩待つだけ!(ラクチンすぎる)

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    スタンドタイプのパッケージなので、場所を取らずに入れられます。きゅうりは12〜18時間、にんじんは24〜36時間など、具材によって漬ける時間はそれぞれ。好みに合わせて調整してみましょう。

    また常温での漬け込みも可能ですが、安定して漬けるなら冷蔵庫がおすすめ。

    一晩明けて、できたのがこちら!

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    軽くぬかを水で落としました。ふやっと柔らかく、いい感じで漬かっています!

    どうでしょう!おかずにも肴にも合う塩加減。

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    しんなりしつつ、パリッとした歯応えもいい。ほどよい塩加減で、素材の甘みも引き立ちます。化学調味料や食品添加物が無添加なのもうれしいです。

    半熟ゆで卵でもチャレンジしてみました。

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    白身だけではなく、黄身にも味がしみしみでした。これはビールだな!

    キャンディチーズは日本酒で。

    Hatsune Yasuda / BuzzFeed

    発酵食品×発酵飲料の相乗効果。おいしいに決まってます。

    「みたけ 発酵ぬかどこ」は、雑菌の繁殖を抑える効果の高い乳酸菌で発酵させているから、かきまぜも週に1回でOKと本当に手間いらず。塩味が薄くなったら、漬け時間を延長するか、大さじ1〜2杯を目安にお好みで塩を追加すると良いそうです。

    また、手入れをしても青カビ等の雑菌が繁殖する場合は、新しいものに買い替えましょう。

    ぬかどこで腸活、この機会にとってもおすすめです!

    ※Yahoo!ショッピングでの購入はこちら

    ※Amazonでの購入はこちら

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

    ※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

    ※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。