back to top

【気をつけて】年賀状、出し遅れると10円値上がり。理由は…

1月8日以降に出すと、52円→62円に。

厳密にいうと、年賀はがきのみが「安く送れます」が本当。

2017年6月1日からはがきやゆうメールの料金が変更になり、通常はがきは52円→62円になりました。

年賀はがきだけ、12月15日から来年1月7日までの間に限り、変更前の据え置き料金で送ることができます。

つまり、1月8日以降に投函する場合は差額10円分の切手を貼り足す必要があるのでご注意を! 詳細はこちらで確認できます。

日本郵便のQ&Aから、いくつか迷いそうなポイントを抑えておきましょう。

Q.普通のはがきで年賀状を出す時は?

A.指定の期間内(12月15日〜来年1月7日)であれば52円でOK。はがき表面の見やすい位置にはっきり「年賀」と明記してください。

1月8日以降に投函したもの、「年賀」表記がないものは、通常はがきの料金が適用になります。

Q.前年度やそれ以前に発行された年賀はがきを使用する場合は?

A.同じく、指定の期間内であれば52円、それ以降は+10円で送れます。

Q.1月7日の夜に投函したらどうなるの?

A.1月8日の最初の回収までに郵便ポストに投函されたものは52円です。

Q.8日以降に52円の年賀はがきを大量に送る場合、不足料金を現金で一括支払いはできますか?

A.できません。1通ずつ不足料金(10円)の切手を貼り足してください。

Q.喪中はがきはいくらですか?

A.通常はがきと同じ62円です。

うっかりサボって出し遅れると、追加料金が必要になってしまうかも 年末の年賀状の準備は早めにどうぞ!

BuzzFeed JapanNews


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.