back to top

LDHがライブ会場に託児所を設置「福利厚生半端ねえ」「若ママが泣くね」

会場内に託児サービス、うらやましいママも多いかも!

小さな子どもがいても、好きなアーティストのライブを楽しみたい!

そんな願いをかなえる、ライブ会場での託児サービス「コンサートチャイルドケア」(有料)をLDH JAPANが始めた。保護者がコンサートを楽しんでいるあいだ、子どもを会場内で預かってくれる。

会場となる「長野エムウェーブ」の空きスペースで実施。会場付近ではなく「会場内」なので小さな子ども連れでも安心して移動できそうだ。

年齢は満1歳〜満5歳で、預け時間は開場時間から終演後60分まで。料金は5000円(税込)。

「若い方向けのポップスグループは初めて」

運営は、長野県内を中心にシッターサービスや保育サービスをおこなうNPO「アリスチャイルドメイト」。現時点では、最大14〜15名までは対応できる体制をとっているという。

LDH側から「コンサートに合わせて託児サービスをやりたい」と相談があり、通常の案件と同じように実施を決めた。Webサイトでの告知自体が19日と直前だったため、20日昼の時点で申込はまだないようだ。

クラシックコンサートなどで同様の臨時託児サービスをおこなうことはあるが「若い方向けのポップスグループは初めて」。クラシックの場合は、観客だけでなく、演奏者の子どもを預かることも多いそうだ。

LDHは、長野公演以降の会場託児サービスの詳細は「決定次第」とアナウンスしている。

「託児所あります」ライブは他にも

ネット上ではこの対応に「福利厚生半端ねえ」「LDHさすが」「若ママが泣くね」などの声が。

ェグザィルすげえ、ライブ会場にとうとう託児所サービス出来た・・・・・・・・・・・すげえ・・・・・・・何この福利厚生半端ねえ https://t.co/fLSSNFSNtn

LDHすごい… ライブ会場で託児サービス開始とか若ママが泣くね👍🏻

まだまだ少なくはあるが、前述のようにクラシックコンサートなどでは公演によってしばしば見られるサービスだ。コンサートホールには、託児サービスを用意したり、近隣施設と提携したりしているところもある。

ツアー形式のライブでも、託児所を設置するアーティストは増えつつある。

結成当時からの根強いファンが多い「LUNA SEA」「GLAY」、自身も母親の「アンジェラ・アキ」「MINMI」などが、会場ごとに臨時の託児サービスを設けたライブを実施している。


Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.