back to top

無限に遊べる大人のおもちゃ!「小さな活版印刷機」が最高に楽しい

夢中になってたらいつのまにか3時間経ってた…。

告知ツイートは2万RTに迫る大反響! 発売当日の本日、無事にゲットしたので遊んでみました。

大変長らくお待たせいたしました! 大人の科学マガジン最新号、ふろく『小さな活版印刷機』12月15日発売です! 「テキン」と呼ばれる活版印刷機をふろくにしました。名刺やメッセージカードなどが作れます。価格は3500円(税別)です。よ… https://t.co/QkUur7wh6o

広告

説明書がとても丁寧でわかりやすかった! そんなに慣れていない私でもほとんど迷わずにできました。

部品の接続部分が透明になっている箇所があるのですが、正しくできているか目でわかって超優しい……。専用ドライバーがついてるのも親切!

わりと簡単じゃん! と思ってたら、ここからでした、大変なのは……。

広告

正直、組み立てよりもこっちの方が時間と精神力が必要です!!! 私はとりあえず使いたい文字だけを切る作戦に途中で変更しました。

あと、1回迷子にさせちゃうと死ぬ。どこにどの子がいるのかわからなくて「『い』はどこ〜!!」って泣く羽目になります。

広告

さあ、ついに印刷!

汚すみたいでわりと緊張する。ここからどう動くか、想像つきますか?

インキだけだとうまくのびないので、スポイト(付属)で水を少しずつ足していくのがよさそうでした。

広告

活字の位置が微妙に安定してなかったようでガタガタしてる……(笑)。いや、これも味ということで! 許して!

広告

今年の流行語「忖度」もひらがなで活版印刷するとなんだかオシャレな感じに。「く」を間違えて逆向きに印刷してしまった……。今回は完全にミスですが、鏡文字をわざと入れ込んでも遊べそう。

名刺の裏面に印字してみました。今回、白い紙はスケッチブックを切ったものを使ってます。

台紙はわりと台からずれやすいので、マスキングテープなどで固定してから印刷をスタートするのがおすすめ。

ふろくで刷ったカードたち。この写真だと量がイマイチ伝わらないけど、500枚は刷ったかなぁ。活字を1回セットすれば、たくさん刷れるのが良いところ◎ #小さな活版印刷機 #大人の科学

ものすごく楽しいのですが、強いてデメリットを言うと、活字の管理が超大変!!!

逆向きだと意外に、どの文字だかわかりません。アルファベットはわかりやすいけどひらがなが難しい。

たった100文字ちょっとでこんなに混乱するので、漢字までぜーんぶ活字だった時代、数千文字を組み合わせていた時代、凄すぎる。職人さんのプロの技……!

出版社にも在庫がないくらい、全国で品切れ続出のようですが、見かけたらぜひ! あっというまに数時間が経ってしまう、最高の「大人のおもちゃ」でした…♡

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored