back to top

ジブリのごはんが“本物よりもおいしそう”に見える秘密 ジブリ美術館で「食事」の企画展、5月から

シータ&パズーの目玉焼きトースト、千尋がほおばるおにぎり……ジブリ映画のごはんは、どうしてあんなにおいしそうに見えるの? に迫る企画展「食べるを描く。」が始まります。

「ジブリ飯」という言葉もあるように、劇中で登場する食べ物や食事シーンはジブリ作品の大きな魅力の一つ。

「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが目玉焼きトーストを食べるシーン、「千と千尋の神隠し」で千尋がハクにもらったおにぎりを涙を流しながら食べるシーン。

ありふれた食事が心に残る場面となる理由は、食べ物のあたたかみ、そして食べる人の表情や仕草を細やかに描き出す作画の力です。

企画展では、原画を元に数秒間のアニメーションの動きを詳しく解説するパネルや、「となりのトトロ」のサツキとメイの家の台所、「天空の城ラピュタ」のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現した体験コーナー、参考図書紹介コーナーなどを設置予定です。

企画・監修は、「ゲド戦記」「コクリコ坂から」などを監督した宮崎吾朗さん。

同館のページでは「今回の企画展示では、食べものが本物よりも美味しそうに見え、幸せな気分にさせてくれる食事のシーンはどのように描かれているのかについて紹介していきます」と予告しています。


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored