go to content

アメリカ版実写「デスノート」、キャスティングに物議 理由は…

「夜神月は白人じゃないから!白いのはデスノートだけ!」

マンガ「デスノート」のハリウッド・リメイク版の実写映画がNetflixオリジナル作品として8月25日に配信されます。この度公開した予告編がネガティブな文脈で話題に。理由は……。

「夜神月は白人じゃないから!白いのはデスノートだけ!」

LIGHT YAGAMI IS NOT WHITE NOTHING ABOUT DEATH NOTE IS WHITE

主人公・夜神月をはじめ、原作の登場人物のほとんどは日本人の設定ですが、演じるナット・ウルフは白人です。

今作は「アメリカ版」としてリメイクされており、主人公の名前も「ライト・ターナー」に。ライバル・L役には黒人のキース・スタンフィールドが配役されています。

非白人の役柄を白人が演じるのは「ホワイト・ウォッシング(Whitewashing)」と呼ばれ、マイノリティーの活躍の場を奪う人種差別とたびたび物議を醸しています。

マンガ「攻殻機動隊」を原作とした映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(日本では4月公開予定)の主人公をスカーレット・ヨハンソンが演じると決まった際にも、非難の声が上がり、キャスティングの再考を求める署名がおこなわれました。

Twitterでは多くの批判の声が。

「『デスノート』のトレーラーを見たあと」

※ 原作では、死神のノートに名前を書かれた相手は死に至る

「新しいトレーラー、すごそうだね!“アジア人”」

「ストーリーを作った国の人たちが映画にまったく登場しない👏👏👏」「決め付けるの早かった。長いキャスティングリストの中に何人かいた。ナイトクラブガール1と2はアジア人だよ!」

Spoke too soon. There are few in this long list https://t.co/YtBug1Houj. Nightclub girl #1 and #2 are Asian!

「アメリカ版であることを明確にしているんだから、ホワイトウォッシング論は消えて。日本版があるからそっち見て」

They made it clear its an American version based on death note go away with your whitewashing stuff the Japanese versions are there for you

「アメリカ版のストーリーらしいんだけど、なんでアメリカ人=白人なの?」

This is suppose to be an American version of the story but why does American= white? #DeathNope https://t.co/YGVJcH2LgU

「なんで日本の死神がシアトルでダサい金髪の白人のガキと一緒にいるのか、あまり理解できない」

I'm just really not understanding why a Japanese death god would be in Seattle with a white kid with shitty blonde highlights #DeathNote

「トレーラーを見たあとのほとんどのアニメファンの反応」

Most Anime fans reactions after seeing Netflix's #DeathNote Teaser Trailer


Haruna Yamazakiに連絡する メールアドレス:haruna.yamazaki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.