back to top

ブルーノ・マーズがライブで観客にスマホを使ってほしくないのは、なぜ?

各国でライブするときには、観客に携帯をおろすように呼びかけているブルーノ・マーズ。あるきっかけがありました。

Theo Wargo / Getty Images

「みんなが携帯を置いて、踊ること」が

そう常にインタビューやライブで話しているのはアメリカの人気アーティスト、ブルーノ・マーズです。

今回、来日するきっかけとなった「24K Magic World Tour」でも、各国で携帯をおろすようモットーとして呼びかけていました。その理由とは?

Brad Barket / Getty Images

ライブでは観客を120%盛り上げられることで有名なブルーノ・マーズですが、撮影をしている観客を叱ることは2013年のニュージャージー州ニューアークでのステージなど何度かありました。

「みんなを踊らせるのが僕たちの義務。ショーを撮影していたら、それができないでしょ?」

そして力強く「携帯なんか下げろ!」と叫んだそうです。

きっかけは非公開のイベント

ブルーノ・マーズは、過去に非公開のイベントを開いた際、入り口で携帯を預けさせることがあったとParadeとのインタビューで説明します。

そこである大事なことに気づいたそうです。

「『今までやってきたことと、なんで違うように感じるんだろう』と思っていた。バルコニーで人が踊ったり、歌ったり。目の前で起きているショーにすごく夢中になっている。それで、みんな携帯を持っていなかったことに気が付いたんだ」

それ以来、ショーがあるたびに「スマホを下げて、楽しんで」と観客に伝えているとのこと。

Put your camera phones down bro!! Live in the NOW!!

「(幼いころに行ったコンサートが)どれだけ楽しかったのか自分は覚えている。でも、いまではショーの写真すら撮らずに、ショーにいる自分の写真を撮っているんだよ! まるで『トワイライト・ゾーン』みたい!」

ブルーノ・マーズは、観客が携帯を持っているのを見ると「少し影響される」とも話しています。

「僕たちには、彼らの夜に責任がある。DJみたいな感じで、会場のバイブスで体験を先導しているんだから」

「もしみんなが携帯を持っていたら、笑っていたり、顔をしかめていたり、あくびしていたりしている人たちの表情を見ることができない」

Mat Hayward / Getty Images

また、別のインタビューでは、音楽業界のビジネスを変えられるとしたら、という問いに対しても、スマートホンだと語っています。

ビデオカメラを会場に持ち込むことすら難しかった、昔の時代。スマートホンがない状態で楽しんでほしいと話します。

「今だと、みんなスマートホンや録音機やらを持って来ている。ショーを昔みたいに楽しんでほしいんだ。コンサートに来た人たちが帰ってから『昨日の夜、ずっとYouTubeで見たよ』なんて言ってほしくない」

「携帯を持っている1000人と持っていない2人、どっちのためにパフォーマンスをするか?と聞かれたら、もちろん1000人の方を選ぶ。だけど、ショーが起きている瞬間を楽しみに来てほしい」

「ショーとは、中身そのもの。自分が好きなことや、ライブでやること、パフォーマンスそして観客なんだ」

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Eimi Yamamitsuに連絡する メールアドレス:eimi.yamamitsu@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.