【都知事選】小池百合子氏が圧勝 自民・公明も野党統一候補も組織戦が通じず

    自民分裂選挙で当選。戦いはこれから

    時事通信

    東京都知事選で当選確実となり、万歳する小池百合子氏

    7月31日投開票の東京都知事戦で、前自民党衆院議員で元防衛相の小池百合子氏(64)が当選を確実にした。午後8時の投票締め切りと当時にメディア各社が速報する圧勝だった。

    小池氏は、自民党の推薦を受けずに立候補。自民・公明の推薦を受けた元総務相の増田寛也氏(64)との自民分裂選挙となった。

    小池氏は、自民党都連との対立を逆手にとって、都政の改革を主張。高い知名度を武器に無党派色をアピールした。増田氏は組織戦で徐々に支持を広げたが、自民票も小池氏と競り合い、まとめきれなかった。

    自民分裂選挙となったことで、野党は千載一遇のチャンスと都知事選に力を入れた。統一候補にジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)を立て、民進・共産を中心に選挙戦を展開したが、スキャンダル報道などもあり、支持は広がらなかった。

    小池氏は選挙戦を通じて、都政改革を訴えてきた。自民党都連の内田茂議長がボス化していると名指しで批判。「都政の透明化」を公約に掲げている。

    自民・公明推薦の増田氏と野党統一候補の鳥越氏を破った小池氏。次は都議会内でどれだけの議員の間に支持を広げ、改革を実行に移していくか。戦いはこれからだ。