back to top

移民反対で支持広げるトランプ氏 でも、超有名企業のトップたちは......

あの人もこの人も。

アメリカ大統領で共和党の有力候補となっているドナルド・トランプ氏は、移民反対派として知られる。移民がアメリカ人の雇用を奪うという不満が、支持を広げる要素の一つとなっている。

だが、移民による雇用機会の減少を否定する研究もある。

「巨大新興企業の創業者の51%は移民」

米シンクタンク「NFAP」が2016年3月に発表した調査によると、企業価値が10億ドル(約1100億円)を超えるアメリカの未上場企業の51%は移民が創業したという。

移民創業者の出身国は、インド、カナダ、イギリス、イスラエル、ドイツ、中国、フランス、韓国など多様だ。

レポートは、これらの企業が生み出している経済的な貢献の大きさに触れ、「数万のアメリカ人に仕事を与え、その製品やサービスを数百万のアメリカ人が利用している」と述べている。

もちろん、未上場の新興企業以外にも、他国にルーツがある創業者はたくさんいる。

トップ500企業の40%が移民系

全米上位500社の40%は移民か、移民の子が創設したとの2011年の調査もある。

これまで上げた以外にも、GE、IBM、マクドナルド、ウォルト・ディズニー、オラクル、ボーイング......。枚挙にいとまがない。

バズフィード・ジャパン 創刊編集長

Daisuke Furutaに連絡する メールアドレス:daisuke.furuta@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.