back to top

福島の高校生に「不幸」を押し付けていませんか 「普通じゃないけど普通です」

「マスコミに言ってもいないことを書かれた」という生徒たちに、自分の言葉で語ってもらった。

東日本大震災による原発事故で、避難を迫られ、生活に大きな影響を受けた子供達。今、何を考えているのか。

広告

ふたば未来学園は、福島県広野町に2015年に開設された。原発事故で県内外に散って授業を続けていた双葉郡内5校の受け皿として生まれた。

生徒たちは、福島について知ってほしいという気持ちが強い。それだけに、メディアやネットで語られる自分たちの姿に違和感を持っていた。

自己紹介で私が新聞記者をしていたことを話すと、次々と声が上がった。

「言ってもいないことを書かれた」 「自分たちの考え通りに話させようとする」

Daisuke Furuta / BuzzFeed

ネット上では、福島の放射線について実像以上に危険性を煽るような書き込みも絶えない。「福島は誤解されていると思う」と話す。

では、高校生たちが自分たちの言葉で福島について語るとしたら、何を語るのか。書いてもらった。

広告
広告
広告

同時に、当たり前のことだけれど、福島の高校生たちが考えているのは、原発事故のことだけではない。

授業を受け、進路に悩み、本数が少ないJRにため息をついている。

バズフィード・ジャパン 創刊編集長

Daisuke Furutaに連絡する メールアドレス:daisuke.furuta@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored