ハマスタのチケットが取りやすくなる! 新しい座席の眺めを確かめてみた

    近年人気急上昇。ベイスターズのチケットは取りにくい、と評判。ところが、2020年東京オリンピックに向けて、スタンド増設工事をしています。2019シーズンから追加される、バックネット裏テラスとライト側の追加スタンドに行ってみました。

    2018年シーズン、横浜DeNAベイスターズは惜しくも4位にとどまり、クライマックスシリーズ進出を逃しました。

    時事

    かつてはガラガラで有名だった本拠地、横浜スタジアム。しかし、2011年オフにDeNAが球団の親会社となってから、ぐんぐんと来場客を伸ばし、2011年、年間110万人、稼働率50.4%だったのが、2018年シーズンは年間202万人、稼働率97.4%にまでなりました。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    97.4%ということは、「毎試合ほぼ満席」。そう、ハマスタはプロ野球界、屈指の「チケットが取れないスタジアム」になったのです。しかし、ここで良いニュースが。2020年東京五輪の会場となったこともあり、大会までに合計6000席の増築が決まりました。

    横浜DeNAベイスターズ

    バックネット裏に個室を含むテラス席を、そしてライト、レフト両翼に追加のスタンドを設けることになったのです。

    そして11月15日…やってきました、工事中の横浜スタジアムに!

    Daichi Ito / BuzzFeed

    2019シーズンから追加される、テラス席(500席)と、ライト側の追加スタンド(3500席)に行ってきました。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    まずはテラス屋上から。真上から見下ろすような感じですね。VIP用のお高い席になりそうなので、この景色にお目にかかるのはこれが最後かも。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    イメージ図はこんな感じ。ゆったり見れそうですね。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    高さはこの地域に建てられる上限の31メートル。照明の位置で、高いことがわかりますね。

    Daichi Ito /BuzzFeed

    テラス屋上からのパノラマ。ランドマークタワーもバッチリです。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    屋上テラスから一塁側スタンドを眺めます。高さが実感できるでしょうか。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    屋上テラスからの眺めは抜群。夜景もキレイなはずです。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    動画もどうぞ。

    こちらはバックネット裏の屋上テラス席から。眺めが最高ですね。

    続いて、ライトスタンドへと向かいます。下から見るとデカさがわかりますね。階段で登るのしんどい。完成時には、エレベーターがつくようです。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    こちらはスタンド上部。左の青い壁はこれまでの最上段フェンスにあたる場所です。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    西日が直撃なので、ライトスタンド側でデーゲームを見るときはサングラスを持ってくるのをお勧めします😎

    Daichi Ito /BuzzFeed

    最上段からの眺めはこんな感じ。ポールより高い場所になります。ファールかホームランか、きわどい当たりも目で見てわかりそう。バックネットには、先ほどいたテラス席が工事しているのが見えます。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    ハマスタ、工事中のライト側増築スタンドとバックネット裏テラスを見てきたよ〜 人工芝の照り返しがつよいのでデーゲームはサングラス必須! #baystars

    この工事により、2019シーズンにはこれまでより4000席多い、33000席へ、そしてオリンピックが開かれる2020年には36000席へと拡大します。ところで、チケットは取りやすくなるのでしょうか。 「今の状況よりは、よくなると思います!」(球団広報の河村康博さん) とのことでした。今から来シーズンの開幕が、待ちきれませんね。