アジア系女性は「モノ」ではない。全米各地でアジア系アメリカ人への人種差別抗議デモ。

    米アトランタで3月16日、銃撃事件が発生し、8人が殺害された。そのうち6人はアジア系女性だった。事件を受け、20、21日に全米各地で「アジア系へのヘイト撤廃」の抗議デモが行われた。

    3月16日、アメリカ・ジョージア州アトランタの3軒のアジア系マッサージ店で、銃撃事件が相次いで発生した。

    殺害された8人のうち、6人がアジア系の女性だった。

    容疑者とされる白人の男(21)は「性依存症を抱えており、人種差別が犯行の動機ではない」と主張している。

    また地元の警察当局は、アジア系への差別意識を動機とする「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」だとは、現段階では断定していない。

    しかし、この銃撃事件を受け3月20、21日、アジア系への人種差別に対する抗議デモが全米各地で行われた。

    Megan Varner / Getty Images

    3月20日、銃撃が起きたジョージア州アトランタで、アジア系への人種差別の講義デモが行われた。

    この1年間、アジア系アメリカ人は、パンデミックを生き抜くだけでなく、新型コロナウイルスをめぐり、言葉や暴力による差別にも直面してきた。

    コロナ禍で、アジア・太平洋諸島系住民に対する差別の根絶を掲げる団体「Stop AAPI Hate」が出した報告書によると、2020年3月19日からの約1年間で、アジア系アメリカ人をターゲットにした差別的な事件が、少なくとも3795件あった。

    そんな矢先に起きたアトランタでの銃撃事件。

    アジア人女性が日常的に「モノ」や「性的な対象」としてみられる差別的問題も、今回の事件で浮き彫りになった。

    犠牲となった6人のアジア系女性に敬意を表すのと同時に、これまで幾度となく繰り返されてきたアジア系へのヘイトクライムに、怒りや恐怖を感じる人々が、全米各地で人種差別撤廃を求めるデモに加わった。

    ジョージア州アトランタ

    Megan Varner / Getty Images

    3月21日撮影。アトランタでの襲撃事件を受け描かれた壁画に献花する男の子。

    Megan Varner / Getty Images

    3月21日撮影。銃撃事件を受け、アトランタのクロッグ・ストリート・トンネル付近で、犠牲者を追悼する壁画を描く女性ら。

    Megan Varner / Getty Images

    3月20日撮影。他のデモ参加者のスピーチを聞きながら涙目になる女性。

    Ben Gray / AP

    3月20日撮影。ジョージア州会議事堂の前で「アジア系へのヘイトをやめろ」と書かれたプラカードを掲げる人々。

    Ben Gray / AP

    3月20日撮影。ジョージア州会議事堂の前で「アジア系女性への攻撃は、すべての女性への攻撃」(左)、「わたしたちはこの地(アメリカ)出身だ」(右)と書かれたサインを掲げる人々。

    Ben Gray / AP

    3月20日撮影。ジョージア州会議事堂の前を歩く人々。

    首都ワシントンD.C.

    Alex Wong / Getty Images

    3月21日撮影。「AAPI(アジア系・太平洋諸島系アメリカ人)」を守るための集会が、首都ワシントンDCのマクファーソンスクエアで行われた。

    Alex Wong / Getty Images

    3月21日撮影。ワシントンD.C.で行われた「AAPI」を守るための集会で、地面に人種差別根絶のメッセージを書く子どもたち。

    Alex Wong / Getty Images

    集会でスピーチを終え、涙を流す参加者。

    ニューヨーク州ニューヨーク

    Ed Jones / AFP / Getty Images

    3月21日撮影。アジア系アメリカ人をサポートする「ヘイトに抗議する集会」に参加する女性。マスクには「私はあなたのフェチの対象じゃない」の文字。

    Ed Jones / AFP / Getty Images

    3月21日撮影。コロンバス公園で「ヘイトに抗議する集会」に参加する市民ら。

    Michael Nagle/Xinhua via Getty Images

    3月20日撮影。タイムズスクエアで人種差別撤廃デモに参加する人々。プラカードには「アジア系の子どもを守れ」(左)、「(アジア系は)アメリカの理想のマイノリティーじゃない」(右)と書かれている。

    オハイオ州コロンバス

    Stephen Zenner / SOPA Images / LightRocket via Getty Images

    3月20日撮影。アトランタの銃撃事件の犠牲者を追悼するため、コロンバス、グッデール・パークでろうそくを灯す人々。

    イリノイ州シカゴ

    Nam Y. Huh / AP

    3月20日撮影。「アジア系へのヘイト撤廃」の抗議デモに参加する人々。男性のプラカードには「我々全員が『人種差別に反対』し、そして『人種差別をやめなければいけない』」とある。

    Dog with a sign that says, "I poop on racism"
    Nam Y. Huh / AP

    3月20日、ローガン・スクエアで「アジア系へのヘイト撤廃」の抗議デモに参加する犬。首には「人種差別にはうんちしちゃうぞ」と書かれたカードが。

    カリフォルニア州アルハンブラ

    Woman with a sign reading, "Wha if it was your mom?"
    Damian Dovarganes / AP

    3月20日撮影。アルマンソール公園で「アジア系へのヘイト撤廃」の抗議デモに参加する人々。左の女性のボードには「(差別の対象が)あなたのお母さんだったら?」とある。

    Woman holds a sign reading, "Los Angeles County stands united against hate"
    Damian Dovarganes / AP

    3月20日撮影。アルマンソール公園で「アジア系へのヘイト撤廃」の抗議デモに参加する人々。「ロサンゼルス郡は団結して、ヘイトに立ち向かう」と書かれたサインを掲げる女性。


    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:アシュウェル英玲奈