• corkfeed badge

“初対面”が仲良くなってから1年後に来た。ニューヨークの生活を描いた漫画がわかりみが深い

マスクを外せる日が来たら、これまで以上にニコニコして過ごそうっと。

「ここ1年以内に仲良くなった人とマスクなしで対面するとちょっと照れるし嬉しい」と投稿された漫画が話題です。

17年間海外で暮らし、ニューヨーク生活8年目を迎えた2児の母・るびーさん(@rubydaysart)がTwitterに漫画を投稿したところ、400回以上リツイートされ、6千を超える「いいね」が集まりました。

リプライ欄では、「この日常早く戻ってほしいです」「これから何人の人が驚くことになるだろう」と反響が寄せられました。

漫画はニューヨークで暮らしているるびーさんが一年前から通っているカフェに訪れるところから始まります。

るびーさんのTwitterより / Via Twitter: @rubydaysart
るびーさんのTwitterより / Via Twitter: @rubydaysart

BuzzFeedは作者のるびーさん(@rubydaysart)にお話を聞きました。

るびーさんが住んでいるニューヨークでは、成人のワクチン接種率が7割を超え、ほぼ全ての規制は解除されているのだそう。

もちろんお店によっては、張り紙でマスク着用を呼びかけているところもあり、マスクを持ち歩きながら外出を楽しんでいるのだといいます。

「公共交通機関など人が密集するような場所ではマスクをつけていますが、街中ではマスクなしで過ごしている人が多いです」

1年前から通っているカフェの店員さんとマスクを外して対面した時、どう感じたのかを聞きました。

「マスクの下の顔のことを考えたことがなかったので、お互いに『わぁ、顔がある!!』と間抜けな驚きでした」

「いつも2人で家族のことや時事ネタを話しながら、顔をほぼ知らずに仲良くなっていたんですね。(マスクを外した状態での)『初対面』が仲良くなってから1年後に来るなんて不思議です」

コロナ禍に仲良くなった方とは確かにマスクを外した顔をお互いに知らないです….。

不思議な感覚になりそうですよね😂

今回の漫画への反響についてはこう受け止めています。

「この漫画を描いた時、まだ東京は緊急事態宣言が明ける前でしたから反応は少し心配でした。

ですが、『こんな未来があるのなら、日本でももうひと頑張りできる気がする』といったコメントをいただいて、描いてよかったと思いました」

「つい数ヶ月前まではマスクなしで道を歩く未来を期待すらしていなかったので、街で会う人の笑顔がどれだけ自分を元気づけていたのか気付かされました」

「いつかワクチン接種率が高まって顔を見せ合えるようになったら、以前よりもっとニッコリ、ニンマリ、ニヤッと笑ってください。私のように心が癒される人が急増するはずです」

日本でもいつかマスクを外して笑い合える日が来ることを願っています!