これで100円って嘘でしょ…??無印良品の「アイデア文房具」コスパ抜群な便利アイテムでした

    無印良品の「フリースケジュール付箋紙 マンスリー」が、予定ぎっしりの私に嬉しいアイテムでした!日付を書いて貼るだけで、どこにでもカレンダーを作ることができるんです。13枚入りで100円っていうコスパの良さも嬉しい!

    突然ですが、私の推している文房具を紹介させてください!

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    こちら、無印の「フリースケジュール付箋紙 マンスリー」です!

    お値段は100円。

    「曜日のみ」が書かれたシンプルな付箋です。

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    日付がないので、好きな1ヶ月分の予定を書き込めるアイテム。

    よく見ると日曜日だけ薄い文字になっています。

    今回はこの付箋紙の推しポイント3つをご紹介します。

    【ポイント①】どこにでもカレンダーを作れる。

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    ノートなどにサッと貼って日にちを書き込めば、カレンダーの完成。

    シンプルなデザインだからこそ、どんな手帳やノートにも使いやすいのが嬉しんだよね。

    スケジュール帳だけでは予定を書ききれないという方や、予定のカテゴリごとに分けて書きたいという方におすすめです。

    使い方によってはウィークリーにも!

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    横のラインを時間軸として使えば、ウィークリーカレンダーとしても使えちゃいます。

    一日の流れを記入しておきたい時に便利な使い方!

    【ポイント②】チェックリストとしても使えちゃう。

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    マスに合わせて日付を書いて、やることや目標のチェックリストにしても便利です。

    タスクのチェックには、こんな風にスタンプやシールを使うと気分が上がりますよ♪

    13枚入りだから惜しみなく使えるのも嬉しい!

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    普通の手帳とかだと少しためらうから、このコスパの良さが本当に助かる…!

    【ポイント③】キレイに剥がせる粘着力

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    のりの跡がつきづらいので、PCなどに貼りやすいのもポイント。

    手帳を開かなくてもサッと予定を確認できるので、何かと便利なんです。

    オンライン会議や授業の時間を記入しておけば、「あ…!これから会議だった!」なんて忘れることもなさそう。

    剥がれてほしくない時には、マステでおさえるのがおすすめ。

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    貼って少し経つと付箋の角が丸まってきます。

    剥がれてほしくないメモにはマスキングテープでおさえたり、裏面にのりを塗っておくと良いかも。

    100円でスケジュール管理がラクになりました!

    Chiaki Fukuhara / BuzzFeed

    学校にインターンに、予定ぎっしりな私に嬉しいアイテムでした!

    便利さ ★★★★☆

    デザイン★★★★☆

    コスパ ★★★★★

    ちなみに、セリアの「アイデア文具」も便利なんです。

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    バインダーをよく使う方には、この「ファイリングシール」がおすすめ。

    お値段はもちろん110円です。

    透明のシールを、紙の側面にペターって貼るだけで…

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    穴を開けずにメモをファイリングできるんです!

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    もう穴あけパンチがなくても大丈夫だ…!そのくらい便利なシールです。

    付箋を貼るよりもかさばらないし、見やすいのが嬉しい!

    グレー・ブラウン・ホワイトの3色展開で、色分けだってできちゃいます。

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    バインダーのデザインに合わせても良し、科目やカテゴリで使い分けるも良しですね。

    便利さ ★★★★★

    デザイン ★★★★☆

    コスパ ★★★★★